2018年10月20日

砂場で「遊ぶ」こと

土曜日、スケジュール調整して
(やっぱり今日はいこう!!)と思って
棚倉町まで向かいました。

午後から風が出てきて少し肌寒かったので
私はいつもより厚着して上着も来て
砂場ワークショップ会場に向かいました。

そこには、寒空の下、一人だけ半そでの
ピンクテーシャツで、ニコニコと笠間先生が居ました。

先生の話しを聞きながら、砂場遊び。
私は、一人で知り合いもいなかったけれど
砂でいろいろ作っている時には 
おしゃべりする相手がいなくても夢中になりました。

不器用な私は 先生のやっている姿を見ても
説明を聞いても なかなか上手に階段が作れません。
でも、心配はないんです。
気にいらなくて納得できなければ 壊してまた作ればいいから。
何度でもやり直しが出来るんです。
しかも、他の人と同じじゃなくてもいいんです。
正解などないから 自分が満足できれば良しなんです。

なんて深いんだろう…砂場遊び。

砂場でとても楽しそうな笠間先生です。
誰よりもにこにことして嬉しそうに砂で遊ぶ先生の姿が
なにより私の学びになりました。

砂場の魅力、改めてたくさん発見しました。
DSC_0080.JPG

DSC_0083.JPG

DSC_0085.JPG

DSC_0087.JPG

DSC_0088.JPG

DSC_0089.JPG
posted by niji at 18:21| Comment(0) | 日記

2018年10月19日

赤ちゃんから遊べる遊具あるといいなぁ……と
思いながら過ごしていたら…
あっ!と気づきました。

おでかけたんぽぽをオープンする前に
安全な環境を作りたいといろいろ配慮して
ホワイトボードの下の部分をふさいだマット。
おでかけたんぽぽ始まって一年半過ぎて
ここにマットなくてもいいかも…と分かったので
そ〜〜っと取り出してマットのように敷いて
赤ちゃんのハイハイコーナー作りました。

しばらく眺めているうちに
利用者のママが気づいてくれました。
こんな風にできるんじゃないかなぁって。

おおお〜〜〜!!


いいね〜〜。

しっかりとした トンネルが出来ました。

そしてこんな風に置いたら
かくれんぼ空間も出来ました。

DSC_0048.JPG


DSC_0050.JPG

動かしてもOK。

いろんな遊び方を子ども達から教えてもらおう〜。

DSC_0051.JPG

ひらめき万が一の危険がないよう
 上に乗るのはやめようね。


posted by niji at 00:26| Comment(0) | 日記

2018年10月18日

砂場っていいよね!

ご縁というのは不思議なものだなぁとつくづく思います。


火曜日の中原さんの講演会終了後に電話が入っていたことに

マナーモードで気づきませんでした。

電話をいただいたのは

砂場の神様の同志社女子大学の笠間先生。

福島にずっと関わってくださっていることに感謝です。

たんぽぽサロンにおいでいただいて

そのまま市役所にお連れして、

今はもう閉鎖された室内砂場にご案内したことが懐かしいです。

あの日、西郷村のキッズランドの砂場を視察に来ていた先生は

ボーネルンドの方と一緒でした。

先生のお蔭でボーネルンドさんが高級な木製遊具など何もないたんぽぽサロンに

おもちゃをその場で寄贈してくれました。




今もたんぽぽサロンにあります。

どれだかわかる?コロコロボールを転がすあれです!!


そうそう、福島の支援の帰りにも砂場サミットに参加して
白河の砂場状況を突然スピーチすることになったり、

先生が会場のみんなとテーブルの上にあった折り紙だったか?の花を持って

「世界に一つだけの花〜♪」とか歌ったこともありました。


お電話で相変わらず明るい声を聴いて元気が出ました。

今回は、棚倉でのイベントをご案内いただきました。

44157366_1204703613003601_5992155212498862080_n.jpg


日曜日は大事な会議で郡山なのでどうしても無理なのですが…

土曜日ほかの用事をキャンセルすれば先生に会いにいけるかなぁ…

今思案中。


どうぞ、皆様土日は、棚倉町へ!!



震災があって…

砂、土という自然素材で遊ぶことも大切さ、必要性を

私達大人はあの時気づいたはずです。

どんな高価な木製の遊具より子どもたちの成長発達に

必要な「あそび」そのものです。

こどもたちにとって大事なのはコンクリートの箱の中で

電気の下で、大人が作り上げた人工的な空間で過ごすことじゃない!

こどもの遊ぶ環境つくりは、街作りにもつながります。

街作りは、こどもの未来ですから。



他の県や市がやっていることを白河にそのまま持ち込んでも
そのまま真似しても 同じようにいいとは限らないと思います。
白河の特徴を生かした親子のニーズに合わせた
環境つくり…これからもみんなで一緒に考えていきたいです。
主役は、こどもたちですから。

笠間先生のホームページ見ていて
そんな想いを強くしました。

中原さんの講演を聴いたからなおさらかもしれません。


posted by niji at 22:16| Comment(0) | 日記

2018年10月17日

講演会でご紹介した冊子

DSC_0028.JPG

こちらが 講演会で中原さんがご紹介した冊子です。

DSC_0029.JPG

0123の外遊びがどんなに大事かがわかりやすいです。


DSC_0030.JPG

感覚統合についてもわかりやすいです。

DSC_0031.JPG

この冊子、実は以前からたんぽぽサロンに置いてありました。
7月初旬送ってくださった中川さん、あそびっこネットワークの
皆さんに感謝です。



(すみません・・・礼状書きかけ、手元にあります。)
受付横の出窓のカラーボックスの中。
おでかけ情報のそばに並べておいたの気づいてくれた方いたかなぁ……。

今日、中原さんのお蔭で脚光を浴びて
読みたい!欲しい!と言ってくださるママ達がいっぱいで
嬉しいなぁ。

注文しましたからね。
送料入れて実費のみ120円程度です。
来週には届くと思います。

みんなで読んで、みんなで分かち合いたいなぁ。
たんぽぽには庭があるもん!!
外で遊べるもん!!!


この冊子の作成者の中川奈緒美さんに
乳幼児期の外遊びについて話しを聞きたくて
今から4年以上前・・・
光が丘の公園の中を迷子になりながら
歩き回ったこと。落ち葉のプールを公園で作っていて
大きな水たまりが最高の遊び場になっていたことに
驚いたこと。今も忘れていません。

あ〜〜、こんな形で繋がってきました。

嬉しいです。中川さん。ありがとう〜〜〜!!

中川さんってこんな人
  ↓

練馬区立こどもの森にも 私、見学に行ってきました。
良いところでしたよ。中川さん、はつらつとあの日も走ってた(笑)

posted by niji at 00:03| Comment(0) | 日記