2016年12月03日

夢に向かって

金曜日、本宮市の幼保総合施設の
保育所長さん、施設長さん、子育て支援センタースタッフの皆さんが
たんぽぽサロンを視察に来て下さいました。

数年前、本宮市の子育て支援者向け研修の講師をしたことがあり
そのご縁で、当時のエポカ担当者だった保育士さんが
「永野さんのお話しを…」とたんぽぽサロン視察の申し込みをしてくださいました。
現在彼女は、二年間の支援センター勤務を経て幼保総合施設の副施設長だそうです。

おいでいただいた5人の皆様は、全員ベテランの保育士さんたち。
このたんぽぽサロンよりずっと大きな施設で
幅広い活動をしているのにもかかわらず

私とスタッフの話しをとても熱心に聞いてくださいました。
このたんぽぽサロンを立ち上げてからの5年半を久しぶりに
ゆっくりと振り返る機会にもなりました。

ここまでひとつひとつみんなに支えてもらいながら作り上げてきた
この想いとこの場のあたたかさを感じ取ってくださって
とても嬉しく思いました。

*********

窓があって日の光が入って外の景色が見れて
窓を開ければ風も入ってきて心地よい場。

畳があって普通のお家でこたつもあって
実家までいかなくても親戚の家に来たようくつろげる場。

個別の相談にもゆっくりと対応できる
秘密が守れる何でも話せる場。(二階もあるから)

お茶を飲みながらゆっくり深呼吸して
おしゃべりができる場。

庭があってプールなど外遊びがちょっとできる
縁側がある場。


大声出しても、気を使わなくて済むたんぽぽサロン。

夢が次々に叶いました。

今年からようやく念願の委託運営の夢が叶いました。

もういいかなぁ…

いいえ…

次の夢ができました。

赤ちゃんの頃からたんぽぽサロンで育った子ども達が
中学生や高校生になったら
たんぽぽにボランティアになって遊びに来てもらうこと。
小さな子ども達とたんぽぽで一緒に遊んでもらえたらいいな。

あ〜〜、その夢に向かって頑張ろうと思うと
いろんな困難なんかみんな忘れられて
なぜか ニヤニヤしてしまう私なのです。

本宮からはこの一軒家に引っ越す前に
子育て支援をしているNPOさんが見学に来て下さったことがあります。
ご縁を嬉しく思います。

なぜって、むか〜〜し
本宮で子育て支援をしようと考えていた皆さんが白河に視察に来て
その時に子育て支援の説明をしたのが私でしたから。(笑)
長い時間を経て、ゆっくりと確実に繋がってきてうれしいです。

子ども達におみやげいただきました。

本宮のキャラクターマスコット「まゆみちゃん。」
かわいがってね。ぬいぐるみのコーナーに並べておきましょうね。

(本宮って福島の「へそ」って初めて知りました。)2016_1202_162125-CIMG0145.JPG

二階でのお話し含めて
約二時間半の視察となりました。
たんぽぽサロンを視察場所に選んでいただいて
ありがとうございます。励みになりました。





posted by niji at 00:49| Comment(0) | 日記