2017年01月16日

さかいみるさんへ

メチャくんの絵を描き続けてる
さかいみるさんと数日前お電話で話しました。
実は、またネパールに行くそうです。
新作の「おてがみ」の絵本をネパールの子ども達に
手渡す準備が着々と進んでいて今回で3回目になる
現地での打ち合わせだそうです。
すごいなぁ…みるさん。初めての一人旅の時には
「どきどきです〜〜〜」だったのにもう3回目だなんて。
英語でのやり取りがほとんどで語学も相当頑張っているんですって。
強い意志を感じます。想いは人を突き動かすのね。
すっごく可愛らしいみるさん、凄い行動力です。
(印刷のためには行くしかないんですって)

18日にはカトマンズ入りと言っていました。
「絵本で笑顔」が実現しますように
よい出会いとよい仕事をしてきてくださいね。
そして 思いっきり異国の地で楽しんで面白がって来て下さいね。
日本から 祈っています。
子ども達からのエールの画像です。
受け取ってくださいね。2017_0111_101654-CIMG0396.JPG

2017_0111_104207-CIMG0403.JPG

2017_0111_112753-CIMG0412.JPG

2017_0107_140636-CIMG0386.JPG

1484578798973.jpg

どの子もみ〜〜んな可愛い。
見てるだけで幸せな気持ちになれます。


みるさんと12月にやり取りした時に
こんな画像を二枚もらいました。6615.jpg


6616.jpg

みるさんのご自宅のアトリエには
こんなお友達がふつうに歩いて遊びに来るそうですよ。

もう…なんて素敵なんでしょう。
もちろん野生ですって……。お仕事の応援なのかな。

楽しい!!!


☆明日は、たんぽぽサロン、いつも通りに
10時〜オープンです。雪が酷くならないといいなぁ。
はじめましての方もどうぞ遠慮なく遊びにおいでくださいね。
メチャくんの絵本を受け取ってください。







posted by niji at 00:13| Comment(0) | 日記

2017年01月15日

雪の日

この週末は、日本各地で大雪。
皆さんの家の周りはどうでしょうか?
福島県も広いので浜通り・中通り・会津では
風土も違うし、天候も大きな差があります。
今回は、白河は雪は降りましたが
積雪量は、郡山などに比べると
それほどでもありませんでした。
(白河の方が大雪の時もたくさんあるのですけどね)

京都や福井や広島の方が雪が多いかも…。
保育士仲間に電話をしたら猪苗代湖に近い
湖南という地域では1メートルを超えたとか…で
雪かきが大変だということです。

白河も冷え込みは厳しく道路の凍結が心配です。
皆さんも車の運転には気をつけてくださいね。
体調も崩しやすい時期です。こまめに手洗いしましょう。

大人は雪が降るとちょっとため息。
子どもは雪が降るとテンションが上がって大喜び。
雪遊びしたかな?今週も元気に過ごしましょうね。

小さなお子さんに
雪をちょっと触らせてあげたらどんな反応するでしょう。
笑うかな?びっくりするかな?笑うかな?泣いちゃうかな?

ほんの少しだけ家の中に持ち込んで
ちっちゃい雪だるまや雪うさぎ作ってみたら楽しいですよ。

去年のブログです。
http://nijino.sblo.jp/article/172316902.html


オマケの話し。

「ハレとケ」って聞いたことがありますか?
最初聞いた時には「晴れ」とケ?ってなんだろうと思いました。
冒険遊び場の方に聞いて意味を知ったのは、去年くらいです。
以下こんな記事を見つけたのでご覧くださいね。
    ↓

日本にはハレとケの文化があるのをご存知ですか?
ハレは特別な日、非日常を意味し、
ケは普段の日、日常を意味します。
ハレの語源は「晴れ」と言われ、晴れ舞台や晴れ着などは
よく耳にするハレに関する言い回しではないでしょうか。
ハレはもともと折り目、節目を意味していて年中行事やお祭り、
季節の変わり目などを祝います。


日本の伝統行事は「ハレ」
成人を迎えられた皆さんおめでとう。
こどもの成長は親にとっては何よりうれしいものです。
母親になり父親になりこどもの成長を願う親の気持ちが
ほんの少しわかってくるのかもしれませんね。

「ケ」って、日常の事なんだって。
「ハレ」の遊園地もレストランも いいけれど 毎日続いたらどうだろう?
やっぱり、庭で遊んだりママの手作りのご飯食べたり
そんな日常がとても大事で 普段の日があるから
たまにお出かけするのが ウキウキと楽しいのでしょうね。
「ハレ」と「ケ」どちらも大事。
親子の居場所は 「ケ」を大切にしていきたいなぁと思います。




posted by niji at 00:57| Comment(0) | 日記

2017年01月14日

大きなまつぼっくり

年が明けてしまったのですが・・・・
実は、たんぽぽサロンにもう一つ
素敵なクリスマスプレゼントプレゼントが届いていたのです。

長崎県西海市の森田さんが
今年もたくさんの方々に呼びかけて
大きな松ぼっくりや木の実や落ち葉などを
集めてくださいました。
その中のおひとりのMさんは
私は面識はなかったのですが
私と森田さんのやり取りを見つけて
大きな松ぼっくりを集めてくださったのです。

とても嬉しかったので
はじめましての知らない関係なのに…
「もしできたらその大きな松ぼっくりが
どんな場所に落ちているのか子ども達に伝えたいから
風景をアップしてもらえたら嬉しいです」という
内容を書き込んだことがありました。

本当なら山の中に行って
「あった〜〜!!」と
子ども達に自分の目て見つけて
その小さな手で拾う体験をしてほしいのだけれど
それは叶わないので 遠い行ったことのない長崎の
まつぼっくりが落ちている場所を伝えたいなぁと
思いついた私のコメントでした。

「いいですよ。そんな山の中じゃないです。写真撮りますね」という
お返事が森田さんのページで書かれていたので
まつぼっくりの中に写真かあるいはフェイスブックにアップかと
想ってすっかりそのままになっていたら
たんぽぽサロンに郵便物が届いたのです。
最初、お名まえを見た時に心当たりがなくて不思議でした。

中の丁寧なお手紙を見て びっくり。
大きなクリスマスカードを見て ほっこり。
かわいいぴかぴか(新しい)
2017_0107_135426-CIMG0380.JPG

2017_0107_135417-CIMG0379.JPG

まつぼっくりが落ちていた場所の写真を見て 感動。
普通にごろごろ落ちてる!!2017_0107_135241-CIMG0375.JPG

2017_0107_135245-CIMG0376.JPG

2017_0107_135252-CIMG0378.JPG

2017_0107_135248-CIMG0377.JPG

そして
こんな素敵なプレゼントが!2017_0107_135140-CIMG0373.JPG

あっ…見たことある。

お手紙には、自己紹介や松ぼっくりを拾った場所の事や
みんなで楽しんでほしいというメッセージ。

写真が美しくて
とても嬉しくて みんなにも見てもらいたくて
こんな風に 掲示させてもらいました。
お手紙も貼ってありますのでどうぞご覧くださいね。2017_0111_145306-CIMG0420.JPG


実は、今日の土曜日
Mさんと連絡が取れてゆっくりと電話でお話しができました。
声を聴いて とても優しい方だということが 伝わってきました。

このキットパスという画材は窓ガラスに描くだけでなく
もっといろいろ遊べるそうです。
例えば手のひらに(塗り絵みたいに)直接色を塗り、霧吹きでシュッと水分を与えて
紙にペタンと押せば手形も取れるそうです。
また、お刺身などが乗っているプラスティックのトレイに
色を塗り、少量の水を加えてとかしてから手形をとることもできるそうです。
赤ちゃんも手形足形とるのが楽しくなりそうです。


雪で色水遊びも出来るそうです。
遊び方や扱い方の技もたくさん教えていただき
何だかワクワクしてきました。

Mさんからいろんなことをお聴きして
私からもこの自然と遊ぼうの活動の経緯を説明したり
福島の「今」を伝えたりしながら 
まつぼっくりが たんぽぽサロン以外のところでも
喜んで使われていることなどお伝えしました。

なんだか、とてもとても嬉しかったなぁ。
たんぽぽに関わってくださった人と緩やかに繋がっていく…
こういう不思議なご縁を大事にしたいなぁと
心から思いました。

ありがとうございます。
諫早のMさん、お気持ちがとても嬉しかったです。
いつか遊びに行きたい人&場所がまた一つ増えました。

大きな松ぼっくりには、こんな素敵な後日談があったんです。
ご紹介が今頃になってしまい ごめんなさいね。
今日、許可を得ましたのでブログに書かせていただきました。

不思議不思議。
11月12月とこの画材を
たんぽぽの子ども達へと考えてくださった方がいたなんて。
「知らなかったんです。もうあるんですね…ブログ見て初めて分かりました」
って、Mさん。
いいのいいの 二つに増えて幸せすぎです。

たんぽぽサロンは ひとつよりふたつのほうが
笑顔が数倍にふえます。

手形足形、やってみましょう。
作品出来たら載せようと思います。ワクワク…









posted by niji at 00:27| Comment(0) | 日記

2017年01月13日

ばっちゃん

今日も 寒い中
たんぽぽサロンに遊びに来て下さった皆さんありがとう。
新しい出会いも 嬉しく思います。
どうぞ たんぽぽサロンでゆったりとくつろいでくださいね。


たんぽぽサロン開催日は、火・水・金の週3日。
時間は10時〜15時。
いつ来てもいつ帰ってもOKです。
ママだけでもどうぞ遠慮なく遊びにおいでくださいね。
もちろん、妊婦さんも是非どうぞ。
出産前に様々な情報が得られて
子育てがますます楽しみに想えることでしょう。

TV
今日は、テレビ番組のご紹介です。

あるテレビ番組が話題になっていたので
私も見てみました。

「えらかった えらかった」とほめてくれる人
真剣に心配して 本気に怒ってくれる人
愛情を注いで 寄り添ってくれる人

そういう存在が こどもたちには必要なんだろと思う
そして、大事なのが 美味しいご飯。

何だか涙が出ました。
このばっちゃんが 日本中にたくさん居ることが必要。

居場所って 大事。
ご飯って大事。
あったかいばっちゃんの気持ちに触れて
子ども達の幸せを願わずにはいられません。

どうぞご覧ください。

*******

NHKスペシャル ばっちゃん
〜子どもたちが立ち直る居場所〜

初回放送 2017年1月7日(土)  午後9時00分〜9時49分
以下のリンクからも視聴できます
http://www.dailymotion.com/video/x57qvku

去年、刑法犯罪で検挙された少年・少女は3万8921人。

このうち再犯者の割合は36.4%と18年連続で増え、
過去最高を記録した。

格差の拡大や深刻化する貧困に伴い、
子ども達が過ちを犯すリスクは高まる一方だが、
ひとたび道を踏み外せば、ネット上に実名や写真がさらされ
集中砲火を浴びるなど、つまずいた子ども達を支え、見守り、
立ち直らせる社会の力は、以前にも増して脆弱になっている。

こうした中、そんな子ども達に寄り添い、その立ち直りを支えてきた女性が広島にいる。
“ばっちゃん”こと、元保護司の中本忠子(チカコ)さん82歳。
6年前に保護司を引退した後も、自宅を開放し、親身になって相談にのっている。
集まってくるのは、貧しさのあまり家で食事をとれない少年や、
母親から虐待され続ける少女など様々。

直面する問題は、
現代社会が抱えるゆがみやひずみそのものだが、
どんな絶望的な状況にある子ども達も、中本さんと触れあううちに
なぜか立ち直りの機会を見いだしていく。
番組では、
子ども達が中本さんとの交流を通して
人生を取り戻していく過程をドキュメントする。

posted by niji at 23:39| Comment(0) | 日記

2017年01月12日

福岡⇒熊本⇒福島

今年最初のたんぽぽサロンのオープン日
野菜が届きました。2017_0111_105534-CIMG0404.JPG

この野菜は、「くまもと有機の会」の皆さんが
作った野菜です。
昨年の「熊本地震」と「超異常気象」で
大きな被害を受けた農家の皆さんが復旧・復興に向け懸命に頑張っているそうです。

今回、熊本支援として 福岡のエルフの会が野菜を購入して
福島に送ってくれました。

「福岡の自分たちが出来ることをしたいと考えた時に
熊本も福島も みんなが笑顔になる取り組みを考えた」
「食べてもらえることが 熊本の応援になるのだから
私達のお願いなので 是非 遠慮なく受け取ってほしい」
「遠く離れていても みんなで支えあって
励まし合って笑い合って生きていきたい」と
熱心に言ってくれたエルフの会の知足さんの言葉で 
親子に手渡す役割を担うことにしました。

こんな風にご縁が繋がっていくことに心から感謝します。

同じように農家を営んでいる利用者の方も
農家がいかに大変かわかる…と 自宅で作っていない野菜を
喜んで受け取ってくれました。2017_0111_105722-CIMG0407.JPG

白河の小峰城の石垣復旧のノウハウが
これからきっと熊本でも役立ちますように!と、願っている私達への贈り物。
私達が苦しい時に 熊本からもたくさん助けてもらいました。
だから…恩返ししたいです。お互いさまと励まし合いたいです。

それぞれが選んだ野菜と「ありがとう」の気持ちを込めて写真撮影。
2017_0111_113639-CIMG0418.JPG

2017_0111_150619-CIMG0421.JPG

2017_0111_110123-CIMG0408.JPG

2017_0111_110210-CIMG0410.JPG

2017_0111_150625-CIMG0422.JPG

2017_0111_105542-CIMG0406.JPG

みんな美味しく食べてくださいね。(数量限定なのでご了承ください)

福岡エルフの会の皆さん ありがとうございました。


posted by niji at 23:30| Comment(0) | 日記