2017年01月09日

プレーカーであそぼう 「道」

たんぽぽサロンには
庭のブロック塀が大きなキャンパスになっているので
いつでもだれも使っていいように
玄関に「チョーク」の入った可愛い缶が置いてあります。

「チョークいいですか?」という小さなお子さんの
ママの声に「はい どうぞ〜♪」と答えて
しばらくしてから 外に出てみてびっくり。


たんぽぽの前の道路に芸術作品がたくさん♪

7031.JPG

7030.JPG

大きなにわとりは、ぶんちゃ画伯の作品。
まさに酉年。

7039.JPG

この像は、直太郎画伯の作品。
この周りに山ほどの像が描かれていました…

ちょうど3歳の子が何か描いていたので聞いてみると
「お魚,描いたの♪」7038.JPG

うん!なるほど…。見えるみえる。

その後、私はいなかったのでぶんちゃに
子どもたちがなんて言っていたのか聞いてみました。

プレーカーの車体の前に描いてあったのがこれ。
  ↓
7028.JPG
 ぶんちゃによると
「これ、地図で塗ってあるところが白河なんだって」

7037.JPG
 多分 これは 顔かなぁ…
ぶんちゃによると 「多分…目と口あるよね…」

7040.JPG
直太郎くんによると 小学生の女の子が描いたらしい。
「これは オリオン座だって」

お〜、月もある!


いつもの道が キャンパスになりました。
楽しいなぁ…夢があります。
どれも とても丁寧に描かれていて 見とれました。

今回も
お隣さんにご挨拶して路地遊びをさせていただきました。
そっと見守ってくださったご近所の皆様に心から感謝です。
子ども達の声がとても幸せな気持ちにさせてくれました。
(もちろん、大きな怒鳴り声の子どもは誰もいません。
  楽しそうなおしゃべりと笑い声)

7016.JPG

道は 人のために人が作ったもの。
いつの間にか、道は車中心のものになってしまった。
この路地遊びは 道は怖いものじゃなく楽しい体験として
子ども達の心の栄養になったことでしょう。


***********

昨日、描いた七輪のぶんちゃとのやり取りを読んでくれた
日本で一番最初に出来た羽根木プレーパークの世話人の
モナママから メッセージいただきました。


「ぶんちゃ、いいこと言うなあ。それは本当ですよ(笑) 
火起こしで一番大切なのは集中して扇ぎ続けること。
それを子どもに伝えるときに「集中して!」って言っても、
集中したことがない子には全くわからない。
でも、みんなで歌うと気分が盛り上がって、
結果、歌ってる間は扇ぎ続けるよね(^_-)-☆」

あ〜、なるほどなあと思いました。
火が消えないようにみんなで何度も歌った清里の夜の事を
思い出しました。歌いながら、相当あおいでいました。


たんぽぽの庭でも子ども達は歌の間は動かなかったです。
歌うと力が入ります。楽しい気持ちになります。
音楽の力は素晴らしいなぁと あらためて ぶんちゃのユーモアを嬉しく思いました。
で、どうしても相当の時間かけても火がおこせなかったかというと
ずっと新聞紙を燃やしてただけだったんだって気づいた子ども達でした。

モナママからこんなメッセージももらいました。

「ヒデキは、ちびまる子ちゃん見てたけどよく分からない(笑)
 でも、きっと愛だと思うなー。
自分が起こした火に対する愛着。
放ったらかしにしないで、ときどきはちゃんと様子を見るのが大事なのよ〜」

ほんとだね・・。そこまで子ども達に伝えられる大人になりたいです。

オマケの話しです。
何も焼くものがなくなったら
いつのまにか、松ぼっくりを丁寧に焼いていた女の子たち。
7048.JPG
「まつぼっくりの炭を作るんだって…。」
うららちゃんが 黙ってニコニコと子ども達のやることを
見守ってくれていました。それをじーっと見てる二歳。
こういうのが 遊びなんだろうなぁと
ちょっと嬉しく思いました。7049.JPG

まだまだつづく…

☆明日は、たんぽぽサロンは スタッフ会議のためおやすみです。
 11日からいよいよ今年のたんぽぽサロンスタートです。
 皆さんに会えるのを楽しみにしていますね。

posted by niji at 21:48| Comment(0) | 日記