2017年02月18日

プレーカーであそぼう!

いよいよ今年度最後の外遊び支援。
今日も、仙台からやってきたプレーカーありがとう。
午前中は、肌寒かったけれど 午後からは晴れてきて
みんなの笑顔もますます輝いていました。
100枚以上も写真を撮っていました。
生き生きと笑う子どもたちの表情が
素晴らしくて愛しく思いました。

では、画像にてどうぞ……。

2017_0218_094722-CIMG0614.JPG

2017_0218_100255-CIMG0616.JPG


2017_0218_110304-CIMG0618.JPG

2017_0218_110810-CIMG0623.JPG

2017_0218_112558-CIMG0625.JPG

2017_0218_115006-CIMG0627.JPG

2017_0218_115016-CIMG0629.JPG


2017_0218_115429-CIMG0635.JPG

2017_0218_115859-CIMG0636.JPG


2017_0218_115918-CIMG0639.JPG


2017_0218_120035-CIMG0643.JPG

2017_0218_120048-CIMG0644.JPG

2017_0218_122543-CIMG0648.JPG

2017_0218_143631-CIMG0664.JPG

楽しかったね。思い出すと胸が熱くなる。
プレーカーのお蔭で子ども達はいろんなことを学びました。
自分でどうしたらいいか?自由に選択していいんだって
自信が持てたならいいな…と、心から思います。


posted by niji at 23:21| Comment(0) | 日記

2017年02月17日

ボノロン

「ボノロン」って、ご存知ですか?

コンビニに置いてある無料の絵本です。
私は、とても好きで見つけるといつももらってきて
読んでいます。
「命」を考えるお話しが多くて
思わず泣いてしまうこともあるあたたかな気持ちになれる
「親子のコミュニケーション」を応援している絵本です。
昨日、ちょうど最新版を見つけたのでもらってきました。

たんぽぽサロンに持って行ったら
「わぁ、この絵本大好きなんです」というママもいれば
「えっ?初めて見ました。知りません」というママも。

大人も楽しめる内容です。
小さなお子さんのママは、今は自分の心への癒しに。
読み終わった後 大事に保管しておけば
数年後には きっとお子さんと一緒に楽しめると思います。

公式サイトも見つけました。
音声付の絵本の読み聞かせもあり、充実ぶりにびっくり。

http://kids.goo.ne.jp/bonolon/

「ラニの青いかさの巻」
0a9d5b648e5d4e415cb7d77b43d89bd6.jpg

何冊か お店からいただいてきたので
欲しい方は、どうぞたんぽぽスタッフに
遠慮なく声をかけてお持ち帰りくださいね。


☆明日は、高山コミュニティーセンターにて
 「プレーカーであそぼう♪」を開催します。
 どうぞ、遊びにおいでくださいね。
 室内でも過ごせます。
 松ぼっくりやどんぐりやキラキラのペンなどなど
 さまざまな材料も用意しています。楽しんでね。
 明日、今日みたいにあったかいといいのだけどな。
 あたたかい服装でおいでくださいね。2017_0131_103506-CIMG0540.JPG
posted by niji at 23:10| Comment(0) | 絵本

2017年02月16日

愛情

今日は、今月ようやくできた平日のオフ。
講座のお誘いを受けたので 午後から
久しぶりに図書館に向かいました。

「里親という親になる」という
里親入門講座に参加しました。

里親という制度やその仕組み、
現在の県内の社会的養護を必要とする子ども達の状況などを
具体的に学ぶ機会となりました。

養育里親さんの体験談も聞きました。
どうしても耐えられずに涙があふれました。
哀しいとか可哀そうとかそういう涙じゃなかったです。
子どもに寄り添うご夫婦の深い愛情に心打たれました。

「どこから生まれてきたの?」
「どうして苗字が違うの?」などなど・・
その都度、こどもの想いに丁寧に応える姿に感心しました。
「子どもを育てるのはそもそも厄介なもんだ…。
そういう精神の底辺にいれば 大丈夫。
問題が出てくるのは当たりまえ。
悩みはその都度変わるもの。
この子を育てさせてもらってよかったなぁと思うことが多いです」と
笑うおとうさん。

「お預かりした時からずっと子どもには
『生まれて来てくれてありがとう』と、ずっと言い続けています。
『生まれて来てくれたから出会えたんだよ。出会えてよかった』と言ってます」
と、今までのエピソードを涙ぐみながら伝えてくださった
あったかいおかあさん。

この子は、こんなに愛されて幸せだなぁとさえ感じました。

講座に参加してよかったなぁと心から思いました。
「こどもの最善の利益のために」
「社会全体で子どもを育む」ために
心を尽くす人がいることを学びました。

子どもたちが 愛されて生きていけるように
私も、地域の中で出来ることをしたいなぁと思いました。

家庭的な支援が必要で待っている子がいるのだということ
里親さんと子どもがいるということを理解して
特別扱いということでなく自然体で受けいれ、助け合う大人の姿を
子ども達に愛情たっぷりに伝えていくことが大事かと思います。

*************

帰りに久しぶりに歩いて白河駅から電車で帰宅することにしました。

白河駅って、とても可愛らしんです。
時間があったので ゆっくり眺めて写真も撮りました。
DSC_2220.JPG

DSC_2222.JPG
時の流れで変わるものはたくさんあるけれど
この外見は変わらずに懐かしく美しいです。
大事にしていきたいなぁと思いました。

観光案内図⇒DSC_2226.JPG

駅のホームからお城をのんびりと眺めました。DSC_2232.JPG

ちょっとだけ、拡大。DSC_2241.JPG


たんぽぽサロン、見えるかなぁ。
DSC_2236.JPG


白河駅前の案内図⇒DSC_2227.JPG

新白河駅前の案内図⇒DSC_2246.JPG

DSC_2248.JPG

ゆ〜っくり眺めていたら…
白河っていいよね…と 何だか清々しい気分になりました。
田舎の小さな街だけれど 
まだまだ、知らない場所や行ったことが場所が
いろいろあるなぁとも 思いました。

転勤族の皆様、白河に居る時間をどうぞ楽しんでくださいね。








posted by niji at 00:02| Comment(0) | 日記

2017年02月15日

あかちゃんの気持ち…

昨日の「どうぞ」の続き・・・

この「どうも」のやり取りの大事さを
遠野のわらべうた(安部ヤヱさん)の
伝承者の木津さんから京都で開催した講座で学んだんです。
彼女から 昨日の記事を読んで、以下のコメントいただきました。

  ↓

うん、うん、遊びだからいいんだよね。
実践してくれていて嬉しい!
理屈じゃなく、身につくことの大切さ。ありがとうございます!

やりとりを楽しんでくださればいいんです。
赤ちゃんがくれたら、うんと喜んで、くれなかったら、
渡したくないもんね〜〜と代弁してあげながら、
やりとりを遊んでください。
遊んでるこっちも楽しいですよね。
その気持ちが伝わると思うんです。

赤ちゃんは、すごい!


なるほどなぁ…と、思いました。
くれない時には、理由がちゃんとあると
赤ちゃんの気持ちを伝えればいいのですね。
決めつけじゃなくて、相手の想いを想像すること。

その時の一場面だけで 渡すことが出来ないのが悪いとか、
出来なくてうちの子は…と 悲観することもないということですね。

あ〜、何だか すごい すごい。
どんなに小さくたって、ちゃんと赤ちゃんには想いがある。
赤ちゃんの気持ちに寄り添っていきたいなぁと思います。
そして、みんなで育てていきたいと思います。

そして…1歳も2歳も3歳も
お兄ちゃんにもおねえちゃんにも
弟君にも妹ちゃんにも それぞれの想いがある。
気づいてあげたいし、上手く伝えられない歯がゆい想いを
代弁してあげたいなぁと思います。
大好きな人だから わかってほしいものね。

久しぶりに
この本のCDを聴こうと思います。
子育て中の皆さんにお勧めです。

http://www.quartett.jp/products/detail.php?product_id=880

04291500_517e0c7655b62.jpg
posted by niji at 00:10| Comment(0) | 日記

2017年02月14日

どうぞ

チェーンリングを持っている一歳になったばかりの子に
「ちょうだい」
と、両手を重ねてニコニコ笑顔で ゆっくり優しく声をかける。

わたしの手に、渡してくれたら
「どうも」
と、頭を下げてていねいにお礼を伝える。

そして、そのまますぐに「はい、どうぞ♪」
と、手渡してくれたものを相手の手に。

そのまま「どうも」と、その子の気持ちを言葉にして
頭を下げてみる。

何度か繰り返していたら、
「どうも」の私の声に合わせて 
おこさん自ら頭を下げた。

あ〜、すごいすごい。

目と目が合って
私が「ありがとう」と笑ったら
子も笑う穏やかでゆるやかな時間。

かわいいね…これもまた「あそび」
大事な知恵。

遠野のわらべうたで学んだことを思い出しました。

まだ、言葉が出なくても
「ちょうだい」「どうぞ」「どうも」が
ママと一緒に表現できると楽しいね。



こどもの想いを奪い取るのが遊びなんじゃなく、
もらったらすぐに手に戻してもらう遊び。
戻してあげるって大事なことだね。

自分が誰かのために 〇〇してあげる。
誰かが自分のために 〇〇してくれる。

それが嬉しいって 気づくっていいね。
相手の気持ちを思いやれるっていいね。
お互いの目を見て楽しむコミュニケーション。

楽しかったね。


posted by niji at 23:03| Comment(0) | 日記