2017年02月14日

どうぞ

チェーンリングを持っている一歳になったばかりの子に
「ちょうだい」
と、両手を重ねてニコニコ笑顔で ゆっくり優しく声をかける。

わたしの手に、渡してくれたら
「どうも」
と、頭を下げてていねいにお礼を伝える。

そして、そのまますぐに「はい、どうぞ♪」
と、手渡してくれたものを相手の手に。

そのまま「どうも」と、その子の気持ちを言葉にして
頭を下げてみる。

何度か繰り返していたら、
「どうも」の私の声に合わせて 
おこさん自ら頭を下げた。

あ〜、すごいすごい。

目と目が合って
私が「ありがとう」と笑ったら
子も笑う穏やかでゆるやかな時間。

かわいいね…これもまた「あそび」
大事な知恵。

遠野のわらべうたで学んだことを思い出しました。

まだ、言葉が出なくても
「ちょうだい」「どうぞ」「どうも」が
ママと一緒に表現できると楽しいね。



こどもの想いを奪い取るのが遊びなんじゃなく、
もらったらすぐに手に戻してもらう遊び。
戻してあげるって大事なことだね。

自分が誰かのために 〇〇してあげる。
誰かが自分のために 〇〇してくれる。

それが嬉しいって 気づくっていいね。
相手の気持ちを思いやれるっていいね。
お互いの目を見て楽しむコミュニケーション。

楽しかったね。


posted by niji at 23:03| Comment(0) | 日記