2017年10月27日

泣いていいよ…

フェイスブックとかを見ていたら
いろんな人が
「こうのとり こうのとり」と書いているので
あまりドラマなどを見なくなっていた私も
気になって気が向いた時は、「こうのとり」という
テレビ番組を見ています。

そして…
いつも母親たちの姿に 泣けてしまうのです。
涙が出て来ちゃう…
http://www.tbs.co.jp/kounodori/

子どもを宿すって
子どもを産むって
子どもを育てるって

そんなにキラキラした感じばかりじゃないものね。
赤ちゃんも0歳。
赤ちゃんのママも同じ0歳。
赤ちゃんのパパも同じ0歳。

ドラマを見ながら たんぽぽサロンに集う親子を思いました。

どうぞ悩んでいたり迷っていたりすることがあれば
たんぽぽサロンにおしゃべりにおいでくださいね。
(聴かれたく無い話しであれば、別の部屋も用意します。)

今日も、ママ達どおしで
「私もそんな感じだったよ。」
「あ〜〜、わかるわかる。同じだよ。」
と話すことって 何だかとても救われるなぁと思いました。
否定じゃなくて肯定してもらえて
気持ちを共感してもらえるって嬉しい。

「泣いてもいいよ…」って
優しく話すママの姿は、
あたたかいなぁ優しいなぁとしみじみ思いました。

ありがとう。
ここでは、笑っていいよ。愚痴っていいよ。怒ってもいいよ。
そして。。。泣いてもいいよ…

いつでもおいでね♪ここで待っているからね。

☆週末は、各地で様々なイベントがあるそうです。
楽しんでくださいね。。。
風邪ひかないように暖かな服装でお出かけくださいね。
posted by niji at 23:22| Comment(0) | 日記

2017年10月26日

モグモグ

随分すぎてしまったのだけれどご報告です。


6月9日(金)

NPO法人子育てひろば全国連絡協議会の

第11回通常総会、その後の10周年記念公開セミナー

にたんぽぽサロンのスタッフ2名で参加しました。



せっかくの東京での研修なので

事前にひろば全協の理事の松田妙子さんに連絡をして

会場に近い場所でお勧めのひろばがあれば

是非見学をしたいのだけれど…と相談していました。


「日野のモグモグやってないかな」という

松田さんのメッセージをいただいて

「モグモグ?」と、初めてのなまえに俄然行く気満々に

なった私たちが、午前中目指した場所はここでした。


日野市立駅前子育て応援施設

「子育てカフェ モグモグ」



事前に電話をかけて問い合わせてみたら

とてもさわやかに丁寧に対応してくださって

お忙しいなか、快く見学をさせていただけることになりました。


実は…実際には

会場に時間通りにたどり着けるか心配になるくらい

ちょっと遠かったです。

でも…この目で見れてよかったです!

そこは、私が今まで見たこともない

子育て支援拠点でした。


画像でどうぞご覧になってください。

入り口から入ってすぐに調理場が見えます。

部屋中、とってもいい匂い♪

2017_0609_114148-CIMG0980.JPG


白いテーブル席がいくつかあって

そこでランチが出来ます。注文しなくても

お弁当の持ち込みも出来るとのことです。


2017_0609_115911-CIMG0983.JPG


2017_0609_115925-CIMG0985.JPG


2017_0609_114152-CIMG0981.JPG


目の前の調理場で手作りしているあったかい食事を

希望があれば、大人にも子どもにも安価で提供してもらえます。

もちろん、赤ちゃん用のバウンサーや子ども達の遊ぶスペースもあり

状況によっては、スタッフさんが食事の間は子どもを見守ってくれていたり…。



このメニュー表も手作り感いっぱい。

食材にもこだわっていて、こどもにも安心だなぁと思いました。

2017_0609_120546-CIMG0988.JPG


2017_0609_121609-CIMG0991.JPG


私達も食券を購入し食べさせてもらいましたが

とてもおいしかったです。

作り手のあたたかな想いが伝わってくるような感じでした。


遊びに来ていた赤ちゃんたちとしばし遊んで

ママ達と話していたら、なんと福島県が実家というママに出逢いました。

「知らない土地に来て初めての子育ては、不安もいっぱいだけれど

モグモグなら一人で来てもスタッフさんがいてくれて

おはなしも出来るし、ご飯を食べる間は赤ちゃんを見てくれて

あたたかな食事がゆっくりできて本当に有難くて…」と

はにかむママの言葉は、本当に重かったです。

いいところなんだね、必要とされているんだね…モグモグ


対応してくださった粟澤さん。ありがとうございました。

生き生きとした明るい笑顔がステキでした。




このモグモグ、今年で10周年だそうです。

記念誌を作ったと知り、10月になってから

虹の会で購入させていただきました。

おめでとうございます。

この記念誌、利用者のママ達も編集委員になって

作り上げたというとても読み応えのあるあたたかな冊子で

感動してしました。利用者のママ達が寄稿したメッセージが

どれも素敵です。ここでたくさん助けられたんだろうなぁと思います。


読み終わったら、たんぽぽにも置いておきましょうね。

素晴らしい活動だと思います。


10周年おめでとうございます。

帯の汐見先生からのメッセージも素敵です。

本の中には、

モグモグのモデルになったという【コミュニティカフェぶりっじ】を

運営していた松田さんからのメッセージもあって、感激。

ず〜〜っと 繋がっていたんだね。


DSC_5238.JPG


22090104_952247088249403_847873707974026128_n.jpg




このメッセージが心に染みます。

20171026221559.jpg


いつか是非東北の玄関口新白河駅から車で15分のところにある

たんぽぽサロンにも遊びにおいでくださいね。

繋がれたことを嬉しく思います。

地域の中で親子のニーズに応えようと爽やかに活動する

心意気に刺激を受けました。学びをありがとうございました。


13164381_678980835576031_8030852210956167942_n.jpg



posted by niji at 20:58| Comment(0) | 日記

2017年10月25日

時の流れ…

天気予報では、月曜日は暴風雨直撃…でしたが
実際には、それほど悪天候にはならず風は強かったものの
台風は通過し、おでかけたんぽぽは通常通りの開催となりました。

全国各地の子育てひろばでは、親子の安全確保のために
早々にお休みの告知も多くみられましたので迷いましたが
市との協議のうえで開催を決めたので 天候が酷い状態にならずに
ホッとしました。
(台風の時には、お子さんのためにも自宅で過ごしてほしいですから)

天候が少し回復したから…と、遊びに来てくださった皆様
ありがとう。あんなことこんなことおしゃべり出来て
過ごせました。あの川の水位に驚きましたね。怖かったね……。
 
実は、月曜日は、おでかけたんぽぽの部屋の前の会議室で
県南地区の保健師さんの研修会が終日行われていたのです。
各地域で活躍している母子関係の保健師さんたちが30人以上集まっていたそうです。

朝は受付の時に何人かには偶然お会いできたのですが
研修のためにほとんどおはなしも出来ず
私も部屋の中で…う〜〜〜ん。

この機会に、ファミサポとおでかけたんぽぽの
場を見てもらいたいと思っていたのです。

チャンスがなかなかなかったのですが
扉を開けたら お昼休みで廊下に出てきた保健師さんとばったり。
あ〜、彼女は新卒で採用されたときから
一緒に村の親子遊び教室10年近くやったなぁ…。
我が子は7歳。今から、20年くらい前だ。

そして、研修が終わった帰り際にも
今から25年くらい前に出逢って
一緒に3歳児遊びの教室をやった保健師さんとも会えました。
我が子は3歳、私はまだ30代になったばかりでした。

震災前も震災後も
私の活動を応援してくれた懐かしい皆さんに久しぶりに会えました。
そして、この地域の保健師さんほとんどの方を
知ってるという私…年とったなぁと思いました。(笑)

そして、久しぶりに会った皆さんが
「どうしてここにいるの?」ってとても驚かれて

「実は委託二年目にして出張ひろばを…」と話したら

「えっ?いつから?ここでもやってるの?」
「すごい。分身の術?」と更に驚かれ…

今年始まったこの事業、
まだまだ全然知られていなかったことに
私も・・・・・・。
認知してもらうように広報頑張ろうと思ったのでした。

そして、保健師さんの声掛けで
他の町村の保健師さんもおでかけたんぽぽの部屋をのぞいてくれました。
こうやって少しずつ、子育て中の親子の居場所があることの必要性を
伝えていきたいと思います。
話しだけでなく、実際に見てもらうことが何より大事だと思うからです。

白河市の保健師さんたちともここで会えたことに感謝でした。
最後には、白河市の保健センター長も見学してくださって
嬉しく思いました。随分長いお付き合いになります。
長年見守ってくださったセンター長にかけていただいた言葉も
大事にこの胸に。感謝の気持ちばかりです。
今の私が、これからの私が、何をしていかなければならないかも
あらためて 考えさせられました。

台風の去った月曜日。
時の流れを感じた懐かしい出会いを 
プレゼントしてもらったような気がします。
甘えたくなるような再会でした。
この数十年間の出逢いで得たことすべてを
目の前の親子に還元していくことが
私のご恩返しだなぁとしみじみと思いました。

そう思ったら…ふっと肩の力が抜けました。
若かった頃の無我夢中だった私は
たくさんの人から育てられました。
今は、たくさんの子ども達から育てられています。
学んでばかりです。
インプットから今度はアウトプット。
そう出来たならいいなぁと思います。

きょうは…書きたいことを書きました。
たまには…いいよね。


☆明日は、サンフレッシュしらかわにて、おでかけたんぽぽです。
 駐車場で、深呼吸してあたりをぐるっと見渡してみてください。
 彩り豊かな秋がお迎えしてくれています。
 木の葉が美しい季節になりました。子どもと一緒に眺めて来て下さいね。







posted by niji at 23:55| Comment(0) | 日記

2017年10月24日

駐車場へ避難訓練

久しぶりに雨があがりました。
私達スタッフは、朝から緊急時に避難する予定の
お借りしている駐車場の安全確認。

くぼみにたまった水たまりの水をくみ出して
ずっとずっとず〜〜〜っと気になっていた
危険防止のためのネットを張り直しました。

ここに引っ越ししてきてから
崖が心配なので手作業で張ったネットを支えていた支柱が
倒れたままになっていました。
この頑丈な柵の枠は、駐車場を貸していただいている
持ち主の方がご厚意で作ってくださったものです。

頑張りました。DSC_5429.JPG

買い直さなくてもほらね……DSC_5433.JPG

脇の方に張っていて雑草の中に埋もれてしまっていた
黄色いロープもしっかりと張りました。DSC_5434.JPG

大変でしたが、お金もかけずに綺麗に出来上がってよかったです。
私は、網目を治したり、黒い紐で縛ったりしながら
ここに引っ越してきた時の事などをいろいろ
思い出し、改めて感謝の気持ちでいっぱいになりました。

位置情報すぐに転げ落ちるようなことはありませんが、危険防止のため
この柵から先には、決して子ども達を出さないように
ご協力をお願いいたします。
特に、お子さんがふざけて故意に柵の向こう側に入って
遊ぶことなどないようにお願いいたします。

**********

さて…避難訓練。
どんな風にして避難したらいいか
具体的に動いてみて とてもよかったと思います。
スタッフだけで訓練するのでなく
実際に赤ちゃんや子ども達とママ達とやれてよかったです。
いろいろなことに気づきました。

なにより…いざという時は、

しっかりしがみついてくれる年齢ならば
素手でだっこより、素手でおんぶの方が
大人にも子どもにも楽で 早く移動できることを
実感しました。
抱っこよりおんぶの方が重みを感じることなく走れました。

素手のおんぶ。。。いいな。

部屋に帰ってからは
皆さんの住んでる場所からの避難場所を確認したり
避難グッズで必要なものを話し合ったり。
皆さんの知恵も色々と参考になりました。DSC_5436.JPG

乾パンも食べてみました。
今回は、可愛らしい絵の缶で
中には、乾パンとこんぺいとうが入っていました。
「思った以上に おいしいね…。」
「これなら、子どもも喜ぶね…。」
「甘くないから、いざという時に食事代わりにいいかもね…」
などなど…会話も弾みました。DSC_5438.JPG
乾パンの缶詰には、乾パンと氷砂糖(今日の場合は金平糖)が入っています。
なぜでしょうか?
ちゃんと理由があるのです。
たんぽぽで教えてもらってくださいね…

いざという時に備えて…みんなで知恵を寄せ合う。
子ども達を守りたいから……
こういう時間も必要だなぁと思いました。

参加してくださった皆様、本当にありがとうございました。
部屋から、駐車場まで、約1分で移動できました。
素晴らしい!!







posted by niji at 23:41| Comment(0) | 日記

2017年10月23日

明日は、避難訓練

DSC_5326.JPG明日は、11時頃から避難訓練の予定です。15分くらい前においでくださいね。遅れてもOK。途中からでも参加してください。駐車場まで避難したら、部屋にもどって、いざというときに知っておくといいことをみんなで話して、乾パンの試食をしましょう。お待ちしていますね。
posted by niji at 23:53| Comment(0) | 日記