2017年10月25日

時の流れ…

天気予報では、月曜日は暴風雨直撃…でしたが
実際には、それほど悪天候にはならず風は強かったものの
台風は通過し、おでかけたんぽぽは通常通りの開催となりました。

全国各地の子育てひろばでは、親子の安全確保のために
早々にお休みの告知も多くみられましたので迷いましたが
市との協議のうえで開催を決めたので 天候が酷い状態にならずに
ホッとしました。
(台風の時には、お子さんのためにも自宅で過ごしてほしいですから)

天候が少し回復したから…と、遊びに来てくださった皆様
ありがとう。あんなことこんなことおしゃべり出来て
過ごせました。あの川の水位に驚きましたね。怖かったね……。
 
実は、月曜日は、おでかけたんぽぽの部屋の前の会議室で
県南地区の保健師さんの研修会が終日行われていたのです。
各地域で活躍している母子関係の保健師さんたちが30人以上集まっていたそうです。

朝は受付の時に何人かには偶然お会いできたのですが
研修のためにほとんどおはなしも出来ず
私も部屋の中で…う〜〜〜ん。

この機会に、ファミサポとおでかけたんぽぽの
場を見てもらいたいと思っていたのです。

チャンスがなかなかなかったのですが
扉を開けたら お昼休みで廊下に出てきた保健師さんとばったり。
あ〜、彼女は新卒で採用されたときから
一緒に村の親子遊び教室10年近くやったなぁ…。
我が子は7歳。今から、20年くらい前だ。

そして、研修が終わった帰り際にも
今から25年くらい前に出逢って
一緒に3歳児遊びの教室をやった保健師さんとも会えました。
我が子は3歳、私はまだ30代になったばかりでした。

震災前も震災後も
私の活動を応援してくれた懐かしい皆さんに久しぶりに会えました。
そして、この地域の保健師さんほとんどの方を
知ってるという私…年とったなぁと思いました。(笑)

そして、久しぶりに会った皆さんが
「どうしてここにいるの?」ってとても驚かれて

「実は委託二年目にして出張ひろばを…」と話したら

「えっ?いつから?ここでもやってるの?」
「すごい。分身の術?」と更に驚かれ…

今年始まったこの事業、
まだまだ全然知られていなかったことに
私も・・・・・・。
認知してもらうように広報頑張ろうと思ったのでした。

そして、保健師さんの声掛けで
他の町村の保健師さんもおでかけたんぽぽの部屋をのぞいてくれました。
こうやって少しずつ、子育て中の親子の居場所があることの必要性を
伝えていきたいと思います。
話しだけでなく、実際に見てもらうことが何より大事だと思うからです。

白河市の保健師さんたちともここで会えたことに感謝でした。
最後には、白河市の保健センター長も見学してくださって
嬉しく思いました。随分長いお付き合いになります。
長年見守ってくださったセンター長にかけていただいた言葉も
大事にこの胸に。感謝の気持ちばかりです。
今の私が、これからの私が、何をしていかなければならないかも
あらためて 考えさせられました。

台風の去った月曜日。
時の流れを感じた懐かしい出会いを 
プレゼントしてもらったような気がします。
甘えたくなるような再会でした。
この数十年間の出逢いで得たことすべてを
目の前の親子に還元していくことが
私のご恩返しだなぁとしみじみと思いました。

そう思ったら…ふっと肩の力が抜けました。
若かった頃の無我夢中だった私は
たくさんの人から育てられました。
今は、たくさんの子ども達から育てられています。
学んでばかりです。
インプットから今度はアウトプット。
そう出来たならいいなぁと思います。

きょうは…書きたいことを書きました。
たまには…いいよね。


☆明日は、サンフレッシュしらかわにて、おでかけたんぽぽです。
 駐車場で、深呼吸してあたりをぐるっと見渡してみてください。
 彩り豊かな秋がお迎えしてくれています。
 木の葉が美しい季節になりました。子どもと一緒に眺めて来て下さいね。







posted by niji at 23:55| Comment(0) | 日記