2017年11月20日

新聞記事

DSC_5821.JPG火曜日の福島民友新聞に、出ました。
記者さん、取材に来ていただきありがとうございます。
posted by niji at 20:34| Comment(0) | 日記

2017年11月19日

お母さんと呼ぶたび

虹の会からのご案内です。

福井県のひらたゆうこさんの絵本。
たくさんのママ達や
子育て支援に関わる皆さんから愛されています。
お友達の出産祝いや
娘に贈りたいという方も…。
時には
自分へのご褒美に…と大事に手に取る方もいます。

全て在庫がなくなってしまったので
取り寄せました。

DSC_5794.JPG

今回も
たんぽぽサロンでの出逢いに感謝して ゆうこさんが特別に
可愛い直筆のサインを一冊づつに書いてくださいました。
だっこしたママと子どもの絵も愛らしいです。

DSC_5792.JPG

詳しくは 永野まで お問い合わせください。

ゆうこさんのホームページはこちらから
  ↓

ゆうこさんは、昨年11月にたんぽぽサロンに来てくださって
親子でお絵描きワークショップをしてくださいました。
その絵は、たんぽぽの入り口と庭に!




ご覧くださいね。



posted by niji at 21:54| Comment(0) | 絵本

2017年11月18日

子育て講演会

続きです…

講演会の最後に
私から信太郎先生に伝えたことがあります。

「今日は、この会場に
市の行政関係の皆様がいます。
市会議員の方もいます。
スタッフ含めて子育て支援に関わる皆さんもいます。

そして、子育て中の親の皆さんがいます。
ここに居る全ての人の中で一番脳が成長している一番大事な時期の赤ちゃんがいます。
ママに「し〜っ!」と言われながらも ちっとも気にせず
この公園の最中 意欲的に夢中になって遊ぶ子供たちが一緒にいることを
嬉しく思います。

先生から是非
ここに集った会場の皆様へメッセージを最後に頂きたいと思います。
ほんの一言でいいので伝えたいことをお願いします」


先生は大きくうなづいてこう話してくださいました。

「子育ての方法は一つでないし
これがいいと決められるものではないと思います。

お母さんたちは、目の前の子どものために一生懸命向き合っていると思いますが
どうか自分一人で背負いこまないで 自分一人で悩まないで欲しいと思います。

子育てを親だけに負担させずに地域が繋がっていくことが大事だと思います。
地域の中でみんなで一緒に子ども達を育てていってほしいと思います。」

という内容のお話をしてくださいました。

聴いていた人が それぞれの立場で
それぞれの胸に響いたことでしょう。

赤ちゃんの時期がどれだけ大事かということを
専門家としての先生の心・体・脳の成長発達の話しから
会場に居た皆様と共に 再確認できたことは大きな喜びでした。

ありがとうございました。 


posted by niji at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年11月17日

子育て講演会

金曜日、
菊池信太郎先生をお招きして開催した子育て講演会が
無事に終了いたしました。

忙しい中、駆けつけてくださった先生と
開始前に数分だけお話しできました。
「ここ数日いろいろ考えてるんだけれど、子育てって
こうすればいいとかこれがいい子育てとかって正解はないと思うんだよね…
究極、子どもが生きてればいいみたいな…。矛盾するかもしれないけれど
小手先の良い子育ての方法はないよって伝えたい」

その言葉通り
先生の講演は、先生の優しさや誠実さや真剣さが伝わってくる
あたたかな話しでした。


専門家である小児科医の話しを聴けるこのチャンス
素晴らしいものでした。感動しました。

48枚ものスライド分をカラーの資料にしてきてくださって
本当に盛りだくさんの内容でした。
当日ギリギリまで私たちの要望に合わせて内容を考えてくださって感謝です。
(実際には資料にないデータのスライドまで惜しみなく私たち見せてくださいました。)

参加したかったのに会議や出張や体調不良など様々な都合で
「どうしても行けなくて…残念です!」と欠席の
ご連絡いただいた方には この貴重な資料を差し上げたいと考えています。


参加してくださった皆様 本当にありがとうございました。
こどもたちの身体・心・脳について 学び多い時間でした。
赤ちゃんの時がいかに大事かにも気づかされたし
イヤイヤ期、思春期の子ども。
そして 親の対応も具体的でうなづくことばかりでした。

たくさんの言葉、たった一つでもいいので
皆さんの胸の中に。
わたしの胸の中に。
参加した人だからこそ、先生のメッセージから感じたことがあるでしょう。

保育園の先生たち 学校の先生たちにも是非聴いてほしい内容でした。

最後の私の発言と先生の答え、覚えていますでしょうか?
つづく・・・
posted by niji at 00:00| Comment(0) | 日記

2017年11月16日

震災後に思うこと

今日は、私は保育士の仕事で
朝、6時40分には自宅を出て 南相馬に向かっていました。
今日は爽やかな秋空で山の紅葉もきれいでした。
7時前には
「あっ!」と思ったら 美しい虹ぴかぴか(新しい)
写真を撮ろうとしたのだけれどあっという間に通り過ぎてしまった…
気持ちの良い朝でした。

飯舘村を通過するのはずいぶん久しぶり。
コンビニも出来た 
道路も整備された
道の駅も出来た
生活が出来るように進む進む…

でも
積み上げられた除染した土の入った袋の山はそのままだった
あの日から無期限休業中のホームセンターは品物さえもそのままだった
道路に線量を示す掲示板の赤い数値は・・・・やっぱり…震災前に戻るはずもなく

そして
山は美しかった。
現実は なんて 哀しくて美しくて切なくて。
まだ・・・終わってなどいない。過去ではない。忘れてはいけない。
まだ…避難中の親子もいる。帰りたいのに帰れない人もいる。

やっぱり写真はとれませんでした。


そんな想いはひとまず飲み込んで…
こどもたちの笑顔が嬉しかった仕事の帰り道は
明日の講演会について信太郎先生とメールのやり取りが続きました。

1510499565414.jpg

明日は、先生は診療を済まされた後、
郡山から白河に向かってくれます。
事前にたんぽぽサロンで利用者の皆さんに聴いた
質問事項のあれこれもすべて先生には前もって伝えてあります。
全部の質問には具体的に応えるのは難しいと思いますが
講演の中でみなさんの悩みや想いのヒントになる
お話しがたくさん聴けることと思います。

たんぽぽサロンの講演会なので
0,1,2歳児のお子さんと親が対象のお話しが多いかと思いますが
今回は、その上の年齢まで少しでも触れていただきたく
欲張りなお願いもしています。子育て当事者だけでなく
子育て支援に関わる方には是非聞いてほしいです。

どうぞ…みなさまお気軽に入場してください。
私達、赤ちゃんのママも安心して参加できるように
コルクマットを敷く予定です。
座布団やバスタオルなど必要な方はお持ちくださいね。
会場準備頑張ります!

明日、たんぽぽサロンのかつての利用者の皆さんや
スタッフがまとめたたんぽぽサロンの活動報告の
写真パネルを運んで 会場に展示する予定です。
2011年5月に立ち上げた頃のたんぽぽサロンの様子も
是非ご覧いただけたら嬉しいです。
小さかった子ども達の姿が懐かしいです。
このパネルは、貴重な活動の記録であり
忘れることなく伝えたい大切な記憶です。

震災はとてつもなく辛いことだったけれど
たくさんの人につながって たくさんの人に支えられて
たんぽぽサロンの今日があります。
信太郎先生も 震災がなかったら ペップキッズを作らなかっただろうと思うし
私も 信太郎先生とお会いする機会はなかったかもしれない。
そんな想いを胸に
明日の講演会をいい会にしたいなぁと心から思います。

「子ども達の未来のために私たちが出来ること」
一緒に考えましょう。




posted by niji at 21:26| Comment(0) | 日記