2017年11月15日

インフルエンザワクチン

今日、市外の仕事先で保健師さんと仲間の保育士から
「今年は例年に比べ
インフルエンザワクチンが、足りない…」という話しを聴きました。

NHKでも情報が流れていたそうなので
調べてみました。


こちらは、ヤフーニュース

「現状、ワクチンは確かに不足気味。12月に入れば改善との情報も」
と書いてあります。

焦って慌ててしまうことなく
冷静に まずは正しい情報を得ることから!
よく読んでみてくださいね。


インフルエンザワクチン接種に関しては
あくまでも任意です。

どうしたらいいかわからない時には
お子さんの健康状態を小さい時から把握している
かかりつけのお医者さんに相談してみるのがよいと思います。
また、我が子のことですので 家族でゆっくりと話し合ってみましょう。

お子さんの身体は一人一人違いますので
こうしなきゃならない。。。と決めつけずに
特に乳幼児期の場合には
早めに専門家に相談してみてくださいね。

本ご案内です。

いよいよ、明後日は、講演会開催です。
お子さん連れでも どうぞ遠慮なくご参加ください。

赤ちゃんをお膝にだっこで マットの上に座って聴いてもOK
音の出ないお気に入りのおもちゃなら持ち込みOK
抱っこやおんぶで 立って聴いていてもOK

1510499565414.jpg

小児科医である信太郎先生。子育て中のお父さんでもあります。

☆17日当日は、図書館にて会場準備のため たんぽぽサロンはおやすみです。
  

posted by niji at 21:00| Comment(0) | 日記

2017年11月14日

お山が見えるね♪

今日は、保健センターにて実習中の看護学生さんが
たんぽぽサロンの見学に来ました。

明るい笑顔で挨拶も爽やかで
私も若者の真摯に学ぶ姿勢に元気をいただきました。

たんぽぽサロンの立ち上げの時から
今までの活動の経緯をパネルを見ていただきながら説明し
地域の中での子育て支援拠点事業の目的や意義などについて
お話しさせてもらいました。


今日は、早い時間から利用者さんも来てくれていたので
ご協力いただき、学生さんの質問に答えていただいたり
こどもたちと触れ合っていただいたりしました。

緊張していた学生さんも 親子が集う
この一軒家の家庭的な雰囲気に安心したのか
楽しそうに会話しながら過ごしていかれました。

その時の様子です。DSC_5779.JPG

DSC_5780.JPG

DSC_5783.JPG

和やかな雰囲気に 私も嬉しく思いました。
こどもたちも 優しいお姉さんたちに大喜び。
離れたくなくて さよならできないくらいでした。
たくさん遊んでくださってありがとうございました。
学生さんに地域の中で こういう場所があることを
知っていただけてよかったです。
社会人になった時に…お母さんになった時に…
いつか 思い出してもらえたらいいな。
棚の位置を変えたら やっぱり広く感じますね。
日差しがまぶしい時には 虹色のカーテンで光の調節もしましょうね。
(様子を見ながら 日よけも 考えていきますね。)

こどもたちが自分でおもちゃに手を伸ばせていて嬉しいな。
こどもたちが自分でおもちゃを所定の場所に片づけも出来て嬉しいな。
あまり目立たなかったおもちゃの存在も みんなに気付いてもらえて嬉しいな。
絵本も 今まで以上にたくさん手に取ってもらえたら嬉しいな。

そして…視界が広がったから

お山が見えるね。DSC_5786.JPG

ススキも
カキの実も
色づく山並みも…

秋がいっぱい見えるね。

嬉しいね…



☆明日も、一軒家のたんぽぽサロンオープンです。
 遊びにおいでくださいね。







posted by niji at 00:08| Comment(0) | 日記

2017年11月13日

クーヨン12月号&吊り橋ミニコースター

クーヨン12月号、入りました。


今月の特集は
「早めの手当てで悪化を防ぐ
見て触ってわかる子どもの不調」

今の季節にピッタリの情報が満載です。


子どもが遊びに夢中になっていたり ねんねしている時に
パラパラっと読めるように
子ども用の絵本を並べている本箱に置いてあります。
自由に手に取って ご覧ください。

なお
最新号以外のバックナンバーは、
自宅でもゆっくり読めるように 貸出しています。
どうぞ 遠慮なくスタッフに声をかけてくださいね。

1510579530477.jpg

↑ 下の部分に移っている 白い蓋のケースは

木製コースターの「車」を入れておきます。
(今まで使っていた収納容器がもうボロボロなので買い換えました)

入り口受付そばにおもちゃを二つ移動しました。
こちらにケースも置きますね。

なぜかというと…
先日 浜松のここみ広場に行ってすぐ気付いたのが
このおもちゃが受付すぐの場所に置いてあることで
スタッフさんにお聴きしたら、
「受付のすぐそばには、いつでも同じ動きをするシンプルな
おもちゃを置くことで、初めて訪れた子や 場に慣れていない子の
気持ちを落ち着かせ、その場に対応するきっかけになる」
と教えてもらったからです。

たんぽぽサロンでも
入り口付近で緊張しているお子さんの元には
スタッフがおもちゃを見せたり手渡したりしていましたが

そうだよね…

おもちゃのある奥の部屋まで進む前に
お子さんが楽しくなるようにここに置けばいいんだ。
この遊具なら、赤ちゃんから大きな子まで単純な動きの繰り返しで
楽しめるものね・・

というわけで…


ここに並んでいます。DSC_5759.JPG
棚の上だと危ないから下に置いておきましょうね。
(もちろん、場合によっては移動しても大丈夫。
最終的なこのおもちゃの置き場をここにします。
お子さんの様子をしばらく見てみます。

右側のおもちゃ、「吊り橋ミニコースター」という名まえなのですね。
たんぽぽサロンを立ち上げた翌年、福島の方からご寄付いただいたおもちゃです。


楽しく遊んでね。


☆17日の子育て講演会は、予約不要です。
 当日 1時半からスタートです。お待ちしています!
菊池信太郎先生の活動の一つです。

posted by niji at 22:39| Comment(0) | 日記

2017年11月12日

講演会のご案内

いよいよ
今週11月17日金曜日に
子育て講演会開催です。
1510499565414.jpg

当日は、たんぽぽサロンはお休みで
午前中からスタッフ全員で打ち合わせや会場準備をします。
図書館が会場ですので、駐車場も安心です。

午後1時から入場できます。
講演会は 午後1時半から午後3時までの1時間半です。


黒ハート赤ちゃんなどお子さん連れでも参加できるように
会場には椅子だけでなく「コルクマット」を敷いて
お子さんをお膝にだっこでお聴きいただけます。
座布団などはありませんので、必要な方はバスタオルなど
お持ちください。音のならないおもちゃであれば
お気に入りの赤ちゃんおもちゃを持ち込みするのは自由です。

黒ハート小さなお子さんのためにカーペットを敷いた場所も
準備する予定です。
こちらには、お子さんを見守りながら話が聴けるように
親子で座っていただきます。
たんぽぽサロンから、絵本やブロックやままごとなど
少しですが おもちゃを置いておく予定です。

なお お子さんを延長保育などにお願いすれば
じっくりと話しを聴くことが出来てなお学びも深まるかと思います。

黒ハート幼稚園生や小学生の保護者の方にも
是非 聴いていただきたい内容です。



今、講師の信太郎先生とも内容についてや
会場設定についての打ち合わせが続いています。
会場にお子さん連れでの入場ももちろん
快く承諾してくださっています。

お子さん連れでも、遠慮なくおいでくださいね。
国の委員としても活躍している先生の白河での講演は
大変貴重な機会となりますので 
是非 ご参加くださいますようご案内いたします。

市内外問わず どなたでも参加できます。
お待ちしています!

小児科医で、お父さんでもある
菊池信太郎先生の活動は、多岐にわたります。
私も何度かお話しを聴いたことがありますが
とても分かりやすく、福島の子ども達への愛にあふれています。
先生とのご縁に感謝しています。


posted by niji at 23:17| Comment(0) | 日記

2017年11月11日

緊急時の対応について

たんぽぽサロンでは、定期的にスタッフ会議を開き
様々なことを話し合っています。
去年の今頃に話し合い、
ビニール袋に入れたバケツセットをトイレの中に設置していました。
気づいた方は いましたでしょうか?
幸いなことに、去年はこのバケツの出番はありませんでした。

小さなお子さんが集う場所ですので
想定外のことも起きる可能性があります。
が、想定内にしておくためにも、事前に対応策を考えています。

寒さが次第に厳しくなりつつあり
少しずつ、感染症の話しも耳にしましたので
再度 バケツの中の用品を確認し
今年度は、すぐに取り出せるように
流しの下に収納することにしました。

流しの下のとびらは 普段は開けないようにお願いいたします。
DSC_5763.JPG


緊急時に備えてここには消毒用のあれこれが
バケツの中にひとまとめにして置いてあります。


DSC_5743.JPG


お子さんの嘔吐などの時には
スタッフが対応しますので
慌てずに子ども達が不安にならないようにしましょう。

大きな声で騒ぎ立てるなどして 
精神的に哀しく辛い想いをする親子がいませんように
どうぞご協力ください。

こちらには、
スタッフも手早く対応できるように
去年よりマニュアルを用意しています。
(もちろん、マニュアルどりにいかないケースもあるかもしれません。)
DSC_5744.JPG


今までは、スタッフのみで共有していましたが
安全管理上
皆さんにも収納場所を知っていてもらった方がよいかと思い
ここに書かせていただきました。

原則、この扉の開け閉めは スタッフにお任せください。
何かありましたら、遠慮なく言ってくださいね。



家皆様にお願いです。

もうやだ〜(悲しい顔)お子さんが、熱があったり、激しい咳が出ていたり
下痢をしている場合などは、お子さんの体調をまずは優先させて
外出は控えて自宅でゆっくり休ませ 元気になったら ご利用くださいね。

手(パー)たんぽぽサロン玄関入り口に手の消毒液を置きましたので
どうぞ ご自由にお使いください。
大きなお子さんの場合は 手洗いや うがいも ご協力よろしくお願いいたします。
posted by niji at 00:19| Comment(0) | 日記