2017年11月16日

震災後に思うこと

今日は、私は保育士の仕事で
朝、6時40分には自宅を出て 南相馬に向かっていました。
今日は爽やかな秋空で山の紅葉もきれいでした。
7時前には
「あっ!」と思ったら 美しい虹ぴかぴか(新しい)
写真を撮ろうとしたのだけれどあっという間に通り過ぎてしまった…
気持ちの良い朝でした。

飯舘村を通過するのはずいぶん久しぶり。
コンビニも出来た 
道路も整備された
道の駅も出来た
生活が出来るように進む進む…

でも
積み上げられた除染した土の入った袋の山はそのままだった
あの日から無期限休業中のホームセンターは品物さえもそのままだった
道路に線量を示す掲示板の赤い数値は・・・・やっぱり…震災前に戻るはずもなく

そして
山は美しかった。
現実は なんて 哀しくて美しくて切なくて。
まだ・・・終わってなどいない。過去ではない。忘れてはいけない。
まだ…避難中の親子もいる。帰りたいのに帰れない人もいる。

やっぱり写真はとれませんでした。


そんな想いはひとまず飲み込んで…
こどもたちの笑顔が嬉しかった仕事の帰り道は
明日の講演会について信太郎先生とメールのやり取りが続きました。

1510499565414.jpg

明日は、先生は診療を済まされた後、
郡山から白河に向かってくれます。
事前にたんぽぽサロンで利用者の皆さんに聴いた
質問事項のあれこれもすべて先生には前もって伝えてあります。
全部の質問には具体的に応えるのは難しいと思いますが
講演の中でみなさんの悩みや想いのヒントになる
お話しがたくさん聴けることと思います。

たんぽぽサロンの講演会なので
0,1,2歳児のお子さんと親が対象のお話しが多いかと思いますが
今回は、その上の年齢まで少しでも触れていただきたく
欲張りなお願いもしています。子育て当事者だけでなく
子育て支援に関わる方には是非聞いてほしいです。

どうぞ…みなさまお気軽に入場してください。
私達、赤ちゃんのママも安心して参加できるように
コルクマットを敷く予定です。
座布団やバスタオルなど必要な方はお持ちくださいね。
会場準備頑張ります!

明日、たんぽぽサロンのかつての利用者の皆さんや
スタッフがまとめたたんぽぽサロンの活動報告の
写真パネルを運んで 会場に展示する予定です。
2011年5月に立ち上げた頃のたんぽぽサロンの様子も
是非ご覧いただけたら嬉しいです。
小さかった子ども達の姿が懐かしいです。
このパネルは、貴重な活動の記録であり
忘れることなく伝えたい大切な記憶です。

震災はとてつもなく辛いことだったけれど
たくさんの人につながって たくさんの人に支えられて
たんぽぽサロンの今日があります。
信太郎先生も 震災がなかったら ペップキッズを作らなかっただろうと思うし
私も 信太郎先生とお会いする機会はなかったかもしれない。
そんな想いを胸に
明日の講演会をいい会にしたいなぁと心から思います。

「子ども達の未来のために私たちが出来ること」
一緒に考えましょう。




posted by niji at 21:26| Comment(0) | 日記