2017年11月27日

ボッチャ

月曜日は 新信金ビルにて
福島県教育委員会主催の
「地域でつながる家庭教育応援事業」のフォローアップ研修に参加しました。

DSC_5877.JPG

私は
午前の部の「パラリンピックから得たもの」と題した講座を受講しました。
皆さん
「ボッチャ」という競技を知っていますか?
私は、なんとなく聞いたことはあったけれど
初めて知ることばかりで、この競技の奥深さを知ってとても感動しました。



みんなでボッチャを体験してとても面白かったです。
チームで進めるこの競技、頭も使うし、コミュニケーションも大事。
で、選手にはコーチとしてあまりいろいろ言わない。
一人一人が違うので まずは観察するのだそうです。


日本代表チームコーチがこんなに身近にいらしたことにも
驚いたし、ボッチャ体験に入る前のアイスブレイクが今までに経験したことがないくらい
楽しくてわくわくして、よく人間の心理を考えられていて さすが!!と思いました。

気持ちのウォーミングアップって
「声を出す」ことが大事で、声を出すと心が開くのだそうです。
「はい、これから、ラーメンが好きな人とカレーが好きな人に分かれてください。」
講師の村上さんが発する言葉は少ないんです。

どう分かれるのか?どこに分かれるのか?誰が集合をかけるのか?
何も言わないんです。自分たちで考えるしかないから
「声が出る」のです。

「決めてしまうと考えなくなる」のだそうです。なるほど…

相手に良かれと思ってやったことが、相手にとってはそうでないこともあるという
話しもうなづくことばかりでした。単なるおせっかいにならないように…
固定概念ではない考え方・視点を大事にしていくことの重要さを学びました。

今の自分の仕事と離れているようで 繋がっています。
相手の気持ちに寄り添うことについて深く考えました。
行ってよかったです。

posted by niji at 00:00| Comment(0) | 日記