2018年01月18日

どうやって遊ぶ?

おでかけたんぽぽのキッチン棚に
置いてあるおもちゃです。
DSC_6633.JPG

スタッフが、丁寧に手作りしました。

中には、「洗濯のり」と「ビーズ」が入っています。
DSC_6634.JPG

逆さにすると ゆっくりビーズが動きます。
DSC_6635.JPG

さて…どうやってあそぶ?
あなたならどうしますか?
こどもはどんなふうにするでしょうね?

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

思い出すのは…2017年1月28日に
憧れの場所に見学にいったこと。(あの日からもう一年…)

2017_0128_124320-CIMG0455.JPG


東京家政大学ナースリールームの主任保育者・井桁容子さんの
講演を聴きに行った時に、人数限定で保育室の見学会もあったのです。

その時のキッチンスペースです。
2017_0128_125544-CIMG0485.JPG
(東京家政大学ナースリールームの保育室)

2017_0128_125718-CIMG0489.JPG
(東京家政大学ナースリールームの保育室)

この美しく並んだ手作りおもちゃに物凄く心惹かれた私。
早速、保育士さんに質問しました。

「これは、どうやって遊ぶんですか?」と真剣に問う私に
不思議そうな顔で…
「それは、子どもが決めます。
どうやって遊ぶかは、その時によって場面によって毎回違います。
こう遊ぶものだと決めているものではありません。」と答えてくれました。

が〜〜〜〜ん・・・と、感じたのをよく覚えています。

振って光にかざして眺めて・・・
転がしてそれを追いかけて…並び方を変えたり・・・
ごっこ遊びで 調味料になったり 飲み物になったり…

その子によってどう見立てるのか自由で
遊び方は無限大ということだそうです。

赤ちゃんが遊ぶおもちゃというよりも
見立て遊びが出来るお子さんが夢中になって遊ぶ…ことも知りました。

色もあえて変えているそうです。
形も子どもがつかみやすい大きさ統一し
空の哺乳瓶容器も中に何か入れて見立てられるように
並べてあるとのことでした。
キャップは、あえてシンプルな白。
しっかりとボンドで蓋部分は外れないようにとめてあるとのことでした。


奥深いなぁ…と感心するばかりでした。
たんぽぽサロンでも、少しずつ手作りおもちゃを増やし
こどもの想像の翼を広げる空間にしたいと考えています。
出来るところから、少しずつ工夫していきたいでするんるん


さて・・・・たんぽぽサロンでは、
こどもたちは、どんなふうにして遊ぶでしょうか?
そ〜っと見守りたいです。

さて・・・ママ達なら どんなふうに遊ぶでしょうか?
大人が楽しむ姿も こどもたちに見せてあげてね。



こちらの「応援する」のクリックで
虹の会へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。
今月いっぱいでこの機能が終了になるそうです。

posted by niji at 22:29| Comment(0) | おでかけたんぽぽ

2018年01月17日

スイスイおえかき 専用ペン

水を入れて描けるおもちゃ
「スイスイおえかきNEWカラフルシート」
DSC_6609.JPG


小さなお子さんからみんなで一緒にお絵描きができるおもちゃです。
購入してから長い期間大事に使ってきました。

が・・・

この水を入れて使用する「スイスイおえかき専用ペン」の
ペン先がかなり傷んで来ていました。
「あっ!!」と気づくと
時々とても小さい子がちゅっちゅしてたり・・・
(そっとシートに触れるだけで色が変わるのですが)
時々ぎゅ〜〜〜っと思いっきりシートに押し当てていたり・・・・

いろんなことがありました。
たくさんたくさん遊んでくれたので
今回、思い切って今までのを処分して
新しいペンに変えました。

「あっ!! 新しくなってる!!」と
ママ達もとても喜んでくれました。
これからも お子さんとお話ししながら
一緒にいっぱ〜〜い遊んでくださいね。

そして、遊び終わったら 必ず中の水は捨てましょうね。
ご協力よろしくお願いいたします。

なお、たんぽぽサロンに置いてあるおもちゃについては
左側のカテゴリの「おもちゃ」をご覧くださいね。
震災の年から、ひとつひとつ丁寧に買い足したり
ご寄付いただいたりしたおもちゃたち。
これからも みんなで大切にしていきたいと思います。
積み木もいろんな種類がありますよ。
どうぞママも手に取って自ら楽しく遊んでみてくださいね。



☆明日は、おでかけたんぽぽです。
遊びにきてね〜。

*************

今日は1月17日。
23年が過ぎたのですね。

神戸に想いを馳せながらこの曲を。
posted by niji at 22:53| Comment(0) | おもちゃ

2018年01月16日

クーヨン1月号

クーヨン2018年1月号を本箱に並べますね。

4910032250181.jpg

1月号の表紙がとても可愛らしくて
赤ちゃんの表情を眺めているだけで 幸せな気持ちになります。

「子どもに 
ただ、触れる。
ただ、見守る。」

という言葉も なんて素敵なんだろうと思います。


内容のご紹介です。

(特集記事)
山口創さん(臨床発達心理士)の
大事なのは「ことば」にならないこと
100のしつけより
触れて見守る
子育て

是非皆さんにも読んでいただきたいです。

2月になったら 貸し出しも致します。
それまでは、子どもを遊ばせながら
たんぽぽサロン内で ご覧くださいね。
(2017年12月号までは貸出しています。)


難しいルールなんていらないなぁ。
こうでなきゃならないってこともないなぁ。
目を合せて 大事な赤ちゃん(こども)をあたたかな手で
包み込みましょう。

赤ちゃん(子ども)も ママ(パパ)も
双方が心地よい安らいだ気持ちになれますように。

私が書いた親子遊びプログラムの本も同様です。
手足をなでてあげたり 膝の上にのせたり 抱っこしたり おんぶしたり……
触れ合うことがとても必要だなぁと伝えたくて書きました。
こどもの笑顔とママの笑顔、どちらも互いに幸せになれる
キーワードだと思います。
posted by niji at 22:10| Comment(0) | 日記

2018年01月15日

3月のお楽しみ会

気の早い話しですが…いや、早くないなぁ
あっという間に時間は流れるので
3月のお知らせをちょっとだけるんるん

3月中旬、昨年に引き続き たんぽぽサロンでの
お楽しみ会として 「たんぽぽサロンミニコンサート」を
企画しています。昨年同様
ピアニストのすとうあつこさんにお願いし
快く引き受けていただきました。

音楽は、人の心を勇気づけ癒す大きな力があると信じています。
みんなが笑顔になりますように
赤ちゃんから楽しめるホームコンサート。

皆さんもそれぞれ忙しくなる3月だと思いますので
詳細が決まり次第お知らせいたします。
幼稚園入園を控えたお子さんへの
音楽のプレゼントにもなるといいな。
お楽しみにるんるん

すとうあつこさんのホームページ

去年のサロンコンサートの様子。


やっぱりいつもたんぽぽの部屋だからこそ
こどもも親もリラックスできたんだなぁとしみじみ思います。
畳の部屋で肩寄せ合って、目の前で演奏を楽しむ機会を
今年も親子に届けたいと思います。


posted by niji at 00:12| Comment(0) | 日記

2018年01月14日

除菌ティシュ

たんぽぽサロンでは
おもちゃのコーナーに
筒状の容器に入った除菌ティシュを置いています。

お子さんがおもちゃを使った後は、
次に使うお子さんのためにも 拭いていただけたら助かります。

口で何でも確認する月齢のお子さんには布のおもちゃは
避けた方がよいですね。
なめてしまったら、遠慮なくスタッフに教えてください。
また、よだれでベタベタになったおもちゃは
拭くよりも、水で洗って日に当てた方が
日光消毒になってより殺菌効果がたかくなります。

「なめてはだめ」ということではありません。
どうか子どもを叱らないでくださいね。
その後の処理をどうするかが大事なことだと思います。

さて…

除菌テッシュは「アルコール」がよいか「ノンアルコール」がよいか
とても悩むところでもあります。

アルコールの方が殺菌効果がありそうな?気もしますが
実際のところはどうなのでしょう?
前回 除菌ティシュの在庫切れのため
「アルコール」と「ノンアルコール」の両方を購入してみました。
やっぱり「アルコール」はにおいがとても強くて
拭いたおもちゃを赤ちゃんがまたなめたら…と思うと
とても気になるということで、安全安心を考慮して
こちらはテーブルやドアなどに
使用することになりました。

さて、「アルコール」「ノンアルコール」どこが違うのでしょう?
ちょっと調べてみました。




たんぽぽサロンに置いてある除菌ティシュは
ノンアルコールを使用しますので、遠慮なくお使いください。
(お弁当類、紙おむつなどの大きなゴミは各自持ち帰りをお願いしていますが
除菌テッシュなどは、ごみ箱に捨ててくださって大丈夫です。)
やわらかなお子さんの顔や手足を拭くものでなく
あくまでもおもちゃなど「物」を拭くものとしてお使いください。

特に赤ちゃんのおもちゃは、なるべく皆さんが安心して
遊べるように今後も配慮していきたいと思います。
気になる時には、どうぞ遠慮なくスタッフにお声掛けください。

おもちゃをなめる時期のママ達が肩身の狭い想いをしないように
みんなで助け合っていきましょうね。
ご協力をお願いいたします。


続きを読む
posted by niji at 23:02| Comment(0) | 日記