2018年10月31日

「ありがとう」の日

今日は、お誕生会なので
お部屋の中は…
DSC_0236.JPG

日にちは、お子さんの誕生日に合せて一人一人変えていきます。
本日、お誕生日のお子さん おめでとう〜。

お誕生会主役のお子さん達は、たんぽぽサロンにある
衣装で気に入ったものをママにお着替えさせてもらって 
「ハイポーズ」
とても可愛らしい写真が撮れました。
いつも思うのだけれど、ママ達の笑顔が最高なんです。

そして、玄関はこんな風に飾りつけ。
DSC_0198.JPG

このプレートは、100円ショップで一目ぼれ。
誕生会の日には、こんな風に皆さんをお出迎えです。
しかも今日は、ハロウィンだから、
こんな感じに「いらっしゃいませ」

庭もちょっとおめかしです。
柿とみかんじゃないよ〜。かぼちゃです。
朝から こどものびっくりした顔や喜ぶ顔を見たくて 飾りつけ。

DSC_0199.JPG

お誕生会では、
この子に会えて嬉しかった・・・
無事に生まれてくれて嬉しかった…
と、ママ達の言葉にジーンとしました。

おめでとうの日は
ありがとうの日だなぁと思いました。

お祝いしてくれた皆さんありがとう。
小さいけれどささやかだけれど
みんなで拍手をいっぱいして
みんなで歌を歌ってほのぼのとした時間になりました。

その後はね…ほんの少しの時間だけ
みんなで路地を歩いたり、庭で空を見上げたり、石ころ見つめたり・・・
ハロウィンだもんね。ママ達もたんぽぽに置いてあった
帽子かぶったりかぼちゃのバック持ったり。

ちょうど、バイクに乗った郵便局のおじさんが来て
とっても優しそうに子ども達見て「にこにこ」してくれました。
それもまたうれしかったです。
私は、マントに帽子姿でちょっと怪しげでした。
機能アップしたメガネのような飾り・・・
(やっぱり)子どもが固まってしまい 断念しました。
ママ達には 大うけだったんだけどなぁ…。

すっごくかわいい表情なのだけれど
仮装中のため 今日はハート目にして 公開させてくださいね。
18-10-31-17-02-36-395_deco.jpg

18-10-31-17-04-27-367_deco.jpg

みんな自由にトコトコ歩いています。


18-10-31-17-05-54-051_deco.jpg

DSC_0217.JPG

抱っこしてママと一緒の散歩もすっごく素敵。


DSC_0227.JPG

お部屋の中にもかわいいくまさんが居ましたよ。

この時間の後から来た
撮りきれなかった皆さん、ごめんね〜。
公開していいよ〜という人いたら
画像くださいね。

今日は、にぎやかなお昼になりました。
みんなモリモリよく食べていたね。
ハロウィンのお部屋をどうぞ。
DSC_0232.JPG

明日から11月。
みんな風邪ひかないで元気に過ごしてね。


楽しい一日をありがとう黒ハート
美味しい差し入れもありがとう黒ハート
今日の楽しかったことみんなみんな
きっといつの日か懐かしい子育ての思い出になることでしょう黒ハート

こどもたちが愛情たっぷり注がれて
すくすく育っているのが何よりうれしい日でした。
ありがとう黒ハート


かわいい明日は、おでかけたんぽぽの日です。
サンフレッシュしらかわでお待ちしています。遊びに来てね。
なお…
おでかけたんぽぽ利用の方も、赤ちゃんひろば参加の方も
火曜日・水曜日・金曜日のたんぽぽサロンを
利用できます。是非、お気軽においでくださいね。
日本家屋の畳の部屋は外の景色も良く見えてゆったり過ごせ
赤ちゃんにも心地よい空間になっています。

posted by niji at 17:39| Comment(0) | 日記

2018年10月30日

明日は 誕生会

DSC_8052.JPG

明日は、9月、10月生まれのお子さんのお誕生会です。
ご希望により記念写真を添えてお誕生カードをプレゼントします。
(実費にて100円)


スタッフ手作りのカード、見本がありますので
是非、お手に取ってご覧ください。


そして、明日はハロウィン♪
思い思いの服装でどうぞ〜。

たんぽぽにもいろんな衣装あり。
DSC_0152.JPG

遊びに来てね・・・
ちょっと内緒の お楽しみあり♪

で・・・私は、夕方スーパーによって
これ買ってしまった。

数日前、値下げ特価で100円で売ってて迷っていたら
今日は、なんとなんと50円だった!
通り過ぎて また戻り、全色購入♪
DSC_0197.JPG

明日、これつけよう…全然似合わないんだけれど(笑)
こどもたちを怖がらせないように気をつけます!


しばらく来ていないという方も
どうぞ遠慮なくいらしてくださいね。
もちろん、はじめましての方も大歓迎です。
みんなで 誕生会&ハロウィン楽しみましょうね。

続きを読む
posted by niji at 22:49| Comment(0) | 日記

伝えたいこと


「だっことおんぶを語る会」というフェイスブックの
公開グループページがあります。
誰でも読むことが出来て投稿することが出来ます。

この会に誘われて 武蔵大学で開催された会に参加した時に
初めて 赤ちゃんを連れて抱っこの仕方を見せてくださった高橋由紀さんに お会いしました。
初めて 京都の迫きよみさんと お話しして たくさんの帯を見たり体験しました。
初めて 北極しろくま堂の園田正世さんから 赤ちゃん人形のことも教えてもらいました。
初めて 赤ちゃん人形をおんぶしながら司会をするという姿を松田妙子さんが見せてくれました。
あの時に 気づいていなかったもっとたくさんの人たちが
動き出しました。

たんぽぽサロンも、あの後、
武田信子さん、迫きよみさん、高橋由紀さんと講座を企画したり
松田妙子さんにスタッフ研修においでいただいたり
私自身も東大まで行って園田さんの講演を聴きに行ったり…
いといろしてきました。
そこから、木津陽子さん(遠野のわらべうた)、中原規予さん(理学療法士)と次々と
赤ちゃんの心や身体を学ぶ講座にもつながってきたのかもしれません。

私も初期の頃は、ウキウキと楽しくて自分の感じたことを投稿をしたり、
コメントを書いたり熱心にしていたのですが、いろいろなやり取りを見ているうちに
専門家ではないことで 難しいことがよくわからず
発言に臆病になってしまい、いつしか読むだけ、「いいね」を押すだけ
会員になってしまいました。
(最初の頃の自分が好きだなぁと思う自分がいます。)

発信するってとても勇気がいることです。

赤ちゃんの気持ちに寄り添いたいと思いながら
言葉にしたことが、言い方一つ受け取り方一つで
上手く伝わらずに 「否定された」「強要された」って誤解されたら
哀しいなぁ…と、思うこともあります。

ふっと迷った時には
この会に誘ってくれた武田先生が書いてくださった
メッセージを読み返します。

皆さんにもシェアしますね。



*****************

鞄が開いたままの人、
  ボタンが止まっていない人、
  ジッパーが閉じていない人。

  見かけても声をかけない人もいるけれど、...
  私は家を出て最初に出会った人に注意してほしいし、
  そっと近づいて行って、
  「お気に障ったらごめんなさい。ここ、あいてますよ」
  と言ってしまう。


【赤ちゃんを育てている方、育てた方へ】


このグループページで、あるいは私個人で、
子育てについてさまざまな情報を流しています。

その中には、
皆さんが知らなかった情報がきっとあることでしょう。

それに気づいたときに、

あ~そうだったのね、知れてよかった、と思う人もいるでしょうけれど、一方で、

え?知らなかった。間違えちゃったの?私の子は大丈夫?
私の子育ては不完全だったの?悪いことしたの?
そう不安になる方がいらっしゃるかもしれません。

ずっと苦しかった、痛かった、悲しかった。わからなかった。

もっと早く知っていれば。気づけなかった。遅すぎる。
そう思うこともあるかもしれません。

「子育ての大変な親を出来る限り余分に傷つけないように」

ずっと意識しています。
でも、情報を出さない、という選択を私はしませんでした。


・これから生まれてくる子どもたちとその親のために。
・すでに弱い部分のある子どもたちとその親が、

今から将来に向けて意識的にその部分を強くしていくために、

あらゆる内外のリソースを使って補っていくために。


情報を出し続けました。
そもそも完璧な子育てなんてないから。

赤ちゃんは必ずどこかに

脆弱性(弱さや傷つきやすさ)のある状態で生まれてきて、

生まれてから調整を繰り返して、次第に社会に適合していきます。

また、赤ちゃんは何でも吸収できる天才として生まれてくるのだけれど、
大人たちは気がつかないので、

育てられる部分と育てられない部分があります。

多くの赤ちゃんは
人を笑顔にする力を持って生まれてくるし
何語でも使いこなせる言語能力を持って生まれてくるし、
どんなスポーツだってできる体を持って生まれてくるし、
どんな勉強もできる力を持って生まれてきます。

でも、そのすべてを伸ばすことは、
神様でもどんな欲張りでもできない。

這えば立て、立てば歩めの親心。
でも、そういえば、私たちもそこそこ。
私の親たちもそれなりに頑張ったろうに。
力を尽くそうとは思ったろうに。
ね。

一人の親で、両親だけで、子育てはできない。
その赤ちゃんが育たない部分を、社会のみんなが育てる。
その赤ちゃんがうまく育っていなかったら、
社会のみんなで寄ってたかって、手助けして育てる。
お母さん、お父さんだけに任せて、
知らなかった親の責任にして、終わりにしたくない。
親だけが傷ついているような、
そんなコミュニティで、気持ちいい息は吸えない。

みんなの赤ちゃんだから、声かけあって、
親の気持ちを聞きつつ、親の希望に関心を持ちつつ、
みんなで責任をもって、育てていきたい。

ごめんなさい。
今まであなたが気がつかないままにして。
みんながあたりまえに知るようになれば、
あなたの責任と考えなくてよくなるから。

どうしたら、
私たちの命をつなぐ子どもたちを
ウェルビーイングに育てられるか。
私たちみんなが、天から与えられた宿題。


武田信子さんの投稿 8月4日
「だっことおんぶを語る会」より
************


あ〜、あったかくて 優しさあふれているなぁと思います。
そして、強い意志も感じます。

今年の3月に平成8年から平成29年度まで続けてきた
のびのび教室の担当保育士をご辞退しました。
そして、4月か赤ちゃん広場を始めました。
赤ちゃんが幸せであるようにこれからも
みんなでこの宿題を考えていきたいなぁと思います。


こちら、是非ごらんくださいね。
情報を得て、最終的に選ぶのは「自分自身」
赤ちゃんもママも 
心地よく日常過ごせますように…。
赤ちゃんが成長を阻害すされることなく健やかに育ちますように…。





posted by niji at 01:11| Comment(0) | 日記

2018年10月28日

もうすぐハロウィン

外国の古くからの伝統行事なのに なぜか
街中 オレンジかぼちゃのハロウィンで盛り上がる
日本。

目を背けたくなるような怖ろしいメークや
目を伏せたくなるような極端な衣装で浮かれる姿が
テレビに映し出されると 何だかなぁ…
こどもたちに見せたくないなぁなんて
思ってしまうのです。

楽しむのであれば
ハロウィンの意味、言い伝え、その目的も
少しは理解したいなぁと思ったりします。

たんぽぽサロンでは
開設した年に ハロウィンパーティーをやったことがありました。
本場の外国の方を中心に本格的でしたよ。
こんな時だからこそ、みんなで笑い合うことを
したかったのです。今もとても良い思い出になっています。


あの年以来。。。
かわいい100円の小物を毎年見つけては
毎年少しずつ増えていくわたしです。


こちらの一軒家に越して来てからも
仮装してちょっとお散歩するなど
出来る範囲で楽しんでいます。

昨年は、利用者のママ達の発案で
壁にかざりつけして フォトスタジオみたいに
しました。

今年も、31日は たんぽぽのオープン日。
この日は、10月生まれのお友達の
お誕生会でもあります。
どうぞ遊びに来てね〜〜。
お部屋、遊びに来てくれたみんなで飾りましたよ〜。

DSC_0152.JPG

右側に貼ってあるのね・・・
何年も前に ハロウィン終った日の
スーパーで片づけしていた店員さんに
「それ捨てちゃうんですか?」と聞いたら
「日にちが入ってるから来年使えないから処分なんです」と
ゴミ袋に・・・・。

迷わず「ください!!」と言ってもらったんです。

31日水曜日。なんてなんて、ラッキー。
今年、まさにそうです。
押入れからごそごそ出してきました。


こどもが泣き出すような嫌がるような仮装であれば
親子で是非どうぞ。
わざわざ買わなくても 大丈夫。
たんぽぽサロンに 可愛いお着替え衣装ありますものね。

誕生月の子もそうでない子も
31日、みんなで楽しみましょうね。
9月生まれのお友達で先月これなかったお子さんも
是非、ご参加ください。お祝いします。

DSC_0156.JPG
    おばけだぞ〜〜〜♪ (幼稚園児作品)

かわいすぎる…たんぽぽのお部屋のどこかに浮かんでいます。
見つけてね。






posted by niji at 10:53| Comment(0) | 日記

2018年10月27日

カプラ作品

金曜日の午後、小学生が30分弱でしたが
立ち寄ってくれました。

黙々とカプラを積み上げて…
作っていましたよ。
ちびちゃん達も 小学生の様子をじ〜〜っと見ていました。

DSC_0157.JPG


「出来た〜〜!」の声に見てみたら

「おおっ!!すごいすごい」

写真撮らせてね。。。
DSC_0159.JPG

さてどうしようね…

「壊していいよ…ガラガラってやっていいよ…」と
言われた1歳児。
何の躊躇もなしに、見事に壊してくれました。

からからからから…いい音だったね。

また、良かったら遊びに来てね。
大きい
おにいちゃんやおねえちゃんが来てくれると
遊びがひろがるの。
ちびちゃん達、すっごく喜ぶの。
一緒にこの空間にいるだけで 空気が柔らかくなる感じがするの。

ありがとう。

こどもの存在ってすごいなぁと密かに思った私でした。
posted by niji at 23:27| Comment(0) | 日記