2019年06月30日

AKAGO

DSC_3369.JPG
posted by niji at 00:20| Comment(0) | 日記

2019年06月29日

合宿参加

received_344974296174786.jpegreceived_2283329565036997.jpegDSC_3308.JPGDSC_3310.JPG

posted by niji at 22:55| Comment(0) | 日記

2019年06月28日

京都にて

広島に行って、「てのひら」の皆さんに
逢いに行こうと決めたのは、3月。
その後、京都での合宿研修に誘われて
一週間に二度の遠出になることを迷ったのですが
行ける「今」行こう…と思いました。
それでも
実家のあれこれがどうしても気になり
広島からいったん帰宅して用事を済ませて
京都に行くことにし、前泊のホテルを探しました。
合宿会場の宇治でちょうどその日に「京都大作戦」という
音楽の大きなイベントと重なり宿泊施設がなかなか取れず
どうしようかと悩んでいた時に
京都の山田さんからご連絡いただき宿の予約などしていただき
前日にお会いすることになりました。

長年、たんぽぽサロンに義援金や
子ども服やおもちゃなど送っていただいている山田さんって
こんな素敵なママです。
数年前にたんぽぽサロンにも来てくださった
高校一年生と小学一年生のお母さん。

received_604542506698197.jpeg

広島の支援もしてくださっているので

今回お会いして、ご支援のお礼と共に
広島、そして、福島の現状などを
お伝えしてきました。

DSC_3290.JPG

絵を描くのが大好きなお嬢ちゃんで
その場で描いてプレゼントしてくれました。
DSC_3371.JPG
DSC_3372.JPG

うれしい再会となりました。
震災後にできたご縁、不思議ですがこのつながりを
幸せに思います。

「優しさ」の力はすごいですね。
疲れが吹き飛びました。

また、是非白河にも遊びにおいでくださいね。
その時は、温泉にご招待したいなぁ…。
posted by niji at 22:40| Comment(0) | 日記

2019年06月27日

祈り

広島では、坂町の保育士さんの家に泊めていただきました。
初対面なのに 快く二泊も。

彼女のお母さんたちへの眼差しがとても優しくて
感激することばかりでした。
「てのひら」のお母さんたちが主役となって元気に動き回っている
後ろでそっと手が足りないところを手伝ったり
お子さんをだっこしてあげたり、他の来場者さんに声をかけたり。
決して目立つことなく ふんわりと笑顔で全体を見守ってくれていました。
私もそんな人になりたい…と、心から思いました。

彼女の家は高台にあって町が見下ろせました。
DSC_3236.JPG

美しく穏やか街並み。
この空き地の部部分は大きな被害を受けたところだそうです。
家から坂道を降りると 一階部分が浸水して泥が入り込んだままの
廃墟のような家もぽつぽつとありました。
静かな町が大きな被害を受けてどんなに大変だったことでしょう。
どうか ゆっくりとこのコミュニティーのきずなの強さでの
復興を祈っています。今まで松ぼっくりやドングリを送ってくれて
ありがとうございました。


そのあと、駅まで送ってもらいましたので
一時間くらいでしたが平和公園周辺を案内してもらいました。

こちら 新しくできたという
おりづるタワー  DSC_3259.JPG




平和記念公園・原爆ドーム、眼下に世界遺産を望むことができます。
DSC_3246.JPG

私も祈りを込めて鶴を折って
おりづるの壁へと行って 折ったおりづるを投入。

透明の壁と床。想像以上に怖かったけれど
鶴が クルクルとゆっくり回転しながら落ちていく美しい様子を見て
感動しました。
DSC_3259.JPG

今24万羽の鶴が入れられているそうです。
過去も大事、今も大事、そして未来も大事。
過去を忘れることなく
今を精一杯生きて
未来に希望を持ち これから…を大事にしたい。

私たちは、おりづるタワーで心を静かに落ち着かせることが出来ました。

下に降りてから間近で見た原爆ドーム。
哀しい…でも、ここは、やはり残しておくべき場所だと
思いました。
DSC_3250.JPG


平和公園にはたくさんの学生たちの集団が。
幼稚園(あるいは保育園)児もいることに驚きました。
小学生、中学生、高校生たちも。
知ること、学ぶことはとても大事なことですね。
DSC_3253.JPG


平和時計。
最後の核実験から133日。
ということは、133日前にも起こっているということ…
哀しいなぁとため息をつきました。
DSC_3255.JPG


広島に行ってよかったです。
ずっとお礼を言いたかったみなさん。
ずっとどうしているだろうかと心配だった皆さん。
思い切って逢いに行って
広島のこと、福島のこと。
坂町のてのひらのこと、白河のたんぽぽサロンのこと。
たくさんお互いに話せて心の距離が近くなりました。

これからも
どうぞつながっていてください。
posted by niji at 23:40| Comment(0) | 日記

2019年06月26日

「てのひら」の皆さんと…

坂町のただじゅんさんの講演会場入り口に置いてあった
ボードを見て胸がきゅんとしました。
たんぽぽスタッフで作ったお礼のボードがこんな風に
大切に飾ってもらえているなんて
改めて感謝の気持ちです。DSC_3207.JPG

そして、入場する皆さんに配られたメッセージ
DSC_3208.JPGDSC_3209.JPG

いつも松ぼっくりとどんぐりを送ってくれた時に
添えてあったお手紙に書いてあったかわいいイラスト。
懐かしく思いました。

朝7時半から、てのひらのママたちは
会場準備をしていました。
ボランティアの彼女たち、なんて生き生きとして
輝いているのでしょう。。。すてき!!

会場準備も挨拶も会場のみんなを盛り上げるのも
とびっきりの笑顔のママたち。DSC_3204.JPG

すごいね、すごい。たんぽぽでただじゅんさんとやっこちゃんを
呼んだ時のパワフルなママたちの姿と重なりました。

多田じゅんさん、やっぱり最高でした。
エネルギーが会場いっぱい広がり
こどもたちの笑顔がはじけました。DSC_3206.JPG

実は…私も 多田じゅんさんに声を掛けられて
前に出て大きな太鼓を たたきました!
こどもたちの未来が希望にあふれるように
福がいっぱい降り注ぐように 思いっきりたたきましたよ!
会場の全員が立ち上がって 一緒に踊りました。
65225790_2323780284368883_8127854732959023104_n.jpg
ここには、てのひら代表のあさみさん、保育園の園長先生たちも勢ぞろい。
うれしい記念撮影でした。福島・広島。つながったね。

スタッフみんな笑顔。received_427550008100153.jpeg

私も混ぜてくれてありがとう。
きっとこの町は、だいじょうぶ。
こんなに生き生きと地域の中で頑張る母親達がいる。received_610426802814140.jpeg


片付けも一緒にお手伝いさせてもらいました。
午前中は、招待した市内の保育園4つの年中・年長組と一般親子の部。200名以上
午後からは 小学生の部でさらに盛り上がったそうです。

本当に本当によかった。大成功おめでとう。
もうすぐ災害から一年。がんばれ〜〜〜!!!

やっぱり広島に行けてよかった。
たんぽぽスタッフたち、利用者さんたち、
募金してくださった方々にも見てほしかった。
そんなてのひらのママたちの頑張りでした。

posted by niji at 23:01| Comment(0) | 日記