2019年08月01日

3日目のあきる野

最終日の朝。
こどもたちそろそろ疲れているかなぁ…と思っていたら
やっぱり6時前から かわいらしい声にぎやかなパタパタの足音。
こどもたちのエネルギーは素晴らしい。

テレビもゲームもパソコンも何もない空間で
こどもたちは 良く笑い良くしゃべり。
たくさんたくさん外の川で遊んで
たくさんたくさん良く動いて
一杯食べて いっぱい寝て。
こどもって太陽の光を浴びて大きくなっていくんだなぁと改めて感じた。

たくさんの「人」とのかかわりの中で
学びながら 信頼関係やコミュニケーション能力も
身に着けていくんだなぁと思うことばかり。
初日よりも大きな声が出ているよ。
自分で考えて自分から動いてるよ。
わずかな時間でどんどん成長してたくましくなる
こどもたちの姿がまぶしかった。

最終日は、ゆったりプログラム。

朝食後、荷物をまとめ部屋をきれいにして
宿泊施設の皆様に挨拶をして出発。

楽しかった川にもお別れして……

ぶひぶひの親子やボランティアスタッフが
待っていてくれる
「つるつる温泉」に向かった。


最終日は、アウトドアではなく
東京の親子と福島の親子が
ゆっくりと交流を深められるように…という
温かな配慮で のんびりと温泉&ランチタイムを
企画してくれました。
こどもたちだけでなく大人たちも心身ともに
癒される時間になりました。


みんながお風呂に入っている間に
温泉施設のスタッフの方にお願いして
昼食会場に こんな風に装飾させてもらいました。



DSC_3858.JPG












親子で作ってきた感謝の気持ちいっぱい描きこんで
つないだ 私たちからの 贈り物。
DSC_3861.JPG

まるで森の中みたいな景色に感激。

いつもはものすごく混んでいるそうなのだけれど
平日の午前中だったこともあり
貸し切りのようにゆったりと過ごせた昼食タイム。

DSC_3864.JPG

DSC_3866.JPG
にぎやかで楽しい時間はあっという間に過ぎました。

見える?少し高いところに座っているのは
坂上頼子先生!!

まさかまさかのサプライズで
お忙しい中、つるつる温泉まで駆けつけてくださいました。
みんな びっくりで大感激。

だって…だって
先生、転んで足を骨折していて
車いすだったんですもの……。
大変な中、本当にありがとうございました。
みんなすごくすごく喜びました。

昨年に続き、まさかまさかの
皆さんと今年再会できるとは考えてもいませんでした。
今年は、初めて
参加者のママに主催者代表の篠木さんとの
連絡窓口を参加者のママにお願いしました。
虹の会の理事を含む参加ママたちで実行委員になっていただき
この企画を進行してもらいました。
とても大変だったかと思いますが
にこにこと笑顔で、最後までよく動いてくださいました。
やってもらうだけでなく、自らが動く力を
彼女たちはしっかり持っていました。
心から嬉しく思いました。

ありがとうございました。





posted by niji at 21:08| Comment(0) | 日記