2019年10月27日

読んでくれてありがとう。

お久しぶりの人に会った時
はじめましての人に会った時

「ブログ読んでいます」と言われることがあります。
なんだかわからないけれど
胸がきゅんとなります。
読んでくれてありがとう。うれしいです。

こうして一人もくもくと書いていると 
読んでもらえているのかなぁ・・・
文章が長すぎて読む気にならないかなぁ・・・
文章が短すぎて役に立つのかなぁ・・・
こんなこと書いても大丈夫かなぁ・・・
情報提供になっているのかなぁ・・・
全国発信になっているのかなぁ・・・

いろいろ考えながら書く手が止まったこともあります。
それでも2011年の5月からこつこつと
この画面を見ている人が一人でもいるといいなぁと
思いながら、書いてきた記事も今日で3047。
毎日書けないことも増えてきてしまったし
自分の気持ちを抑えることも多くなりましたが
楽しんでいただけるように
そして、子育てのお役に立ちますように
そしてそして、たんぽぽサロンに行ってみたいなぁと思ってもらえますように
発信を土日も続けられたらいいなぁと思います。


初めて目にした方は どうぞ以前の記事も
時間があるときにご覧くださいね。
おもちゃ、絵本などちょっとずつ分類しています。

通信は、翌月号を 月末に発行し
ブログには なるべく1日に画像でお伝えすることにしています。

12月13日は、サンフレッシュ白河にて クリスマス会開催予定です。
どうぞ、予定を空けておいてくださいね。





posted by niji at 00:05| Comment(0) | 日記

2019年10月25日

記憶を記録に残す意味

本日は、アナビーにて 白河市の保健師さん企画講座に際して
赤ちゃんの託児の仕事をしてきました。
あかちゃんと離れての講座受講した新米ママたち。
お子さんを別室に預けてという経験も
子育て講座受講の経験も初めてという方がほとんどだったことでしょう。
赤ちゃんも元気に過ごせましたよ。
母親になってからの「学び」は、今日からの赤ちゃんとの暮らしの中で
きっと役立つことでしょう。
お疲れ様でした。
皆さん、講座終了後にニコニコとお部屋に戻ってきてくれて
うれしく思いました。

どうぞ、今度は あかちゃんひろば、
たんぽぽサロン・おでかけたんぽぽにも
お出かけくださいね。


昨日、おいでいただいた水野さんが
とても気に入ってくださったのが
これ!DSC_4672.JPG

昨年の虹の会の活動報告なのですが、
こんな風に毎年活動を形にすることは
とてもいいことだと じっくり眺めてくださいました。
そして…
この写真が貼ってある台紙として使っているのは
風呂敷だとお伝えすると
「やっぱり!!」と大喜びしてこんな記念撮影に。
風呂敷が大好きで、風呂敷の研究会にも入っていて
ワークショップを各地で開催している水野さんも
このアイディアに「うつくしい!!」と感激していました。

えっへん!!すてきでしょ、このグラデーション。

県南教育事務所の先生も数日前と本日たんぽぽサロンに
訪問してくださって、NPOを設立してからの
毎年の記録の活動報告を見て「すごい!」と言ってくださって
写真をたくさん撮っていかれました。

毎年、こつこつとみんなで作ってきたこの居場所。
毎年、こつこつとこどもたちを真ん中に笑いあったこの活動。
記憶を記録にしてきてよかったです。

一目であの時のみんなとの思い出がよみがえります。
大事にしていきたいです。

活動報告パネルの中で笑っている親子の姿が
いつでも私を励ましてくれます。

宝物です。そして、毎日の活動が積み重なっていくことで
未来へと繋がっていけたら うれしいです。

黒ハート活動報告パネル、いつか 白河の方々に
広くお披露目したいなぁと思います。(ささやかなでっかい夢でするんるん

posted by niji at 21:34| Comment(0) | 日記

2019年10月24日

名古屋からのお客様

6月に京都に自主研修に行った時に
東京の松田さんから紹介いただいた水野さん。
今回、震災後ずっとボランティアに行っているという
岩手の三陸方面に向かう途中に白河に立ち寄ってくださいました。
京都では数分しかお話しできなかったので
今回は、ほぼ初対面の水野さん。
お迎えする私もちょっと緊張でドキドキでした。

たんぽぽサロンの一軒家、おでかけたんぽぽ会場のサンフレッシュ白河
どちらもご案内させていただきました。

「どちらにも良さがあるけれど
全く雰囲気の違う両方があるのがとてもいい」と
感想をお話ししてくださいました。

「特に一軒家の庭のあるたんぽぽサロンは
日本人にとっては 原風景がある。
この畳、外の景色、台所がある居場所、
そして、手作りのカーテンや
たんぽぽサロンに心を寄せてくださった方々の
ご寄付である一つ一つに想いが詰まっていて
とってもいい!ここを大事にしてね。」と
おほめいただいて とてもとてもうれしく思いました。
DSC_4677.JPG

「あかちゃんにとっても ここいいね〜。」と
言ってもらえ励まされました。

ここまで頑張ってきたことは無駄じゃなかった。
ここの場所を親子にとってこれからも
居心地の良い民家にしようと心に誓いました。


水野さんが 
こどもたちの様子を見たいと立ち寄ってくださった
おでかけたんぽぽで 作ってくれたのは、風呂敷のお花。
DSC_4678.JPG

かわいい!!DSC_4696.JPG

午後は、南湖公園をご案内しました。
水野さん、ユーモアたっぷりのかたで
カメラを向けるといろんなポーズをしてくださって・・・
楽しくて たくさん笑いました。
私もまねっこしました。
自然と笑顔になれましたDSC_4684.JPG

この後は、水野さんのお話しをたくさん聞かせてくださいました。

赤ちゃんの身体のことや心の発達のこと…
ママたちに伝えていきたいこと…
わらべうたを通じてどんな学びにつなげていくか…
童謡とわらべうたの違いのこと…
絵本からの言葉の獲得のこと…
思春期のこどもの心のこと…
地域の中で開かれていくとはどういうことか…
手作りの簡単で意味の深いおもちゃのこと…
親子のコミュニケーションで大事なこと…
小学生の4年生の授業で風呂敷を使って教えたこと…
赤ちゃんの手の動きや はいはい しがみつきのこと…
防災の講座をしたこと…
読み聞かせボランティア養成講座で教えたこと…
おんぶとだっこの話し などなど

たくさんたくさん 教えていただきました。
何時間お話ししてても 初めて気づくことばかりで
あまりの博識ぶりに 感動でいっぱいです。
何を質問しても、理論的にわかりやすく教えて下さって
数時間では足りない、素晴らしい講座を受けさせてもらった気持ちです。

これからの私の活動に
白河の親子のためにきっと活かしていきたいと思います。
もっともっと 学びたいと思いました。

67歳のおばばから見たら 50代など
まだまだひよっこだそうです。
今の私が、目の前の赤ちゃんの健やかな育ちのために
できることは何か真剣に考えて
がんばります(笑)

実際に水野さんが あかちゃんやママたちに関わっている
本気の講座の様子を見てみたいと強く思いました。
水野さんに出会った親子は幸せだと思えた今日の会話でした。

また、是非お会いしたい人になりました。
感謝のきもちでいっぱいです。

水野さんから
お会いする前に送ってもらっていた
プレゼントです。

まずは、あかちゃん広場でこの絵本ご紹介しましょうね。
ありがとうございました。

DSC_4697.JPG

名古屋在住の方とお話しするのは初めてでしたが
水野さんの方言 最高でした。



posted by niji at 23:29| Comment(0) | 日記

2019年10月23日

パパの日があるといいなぁ…

ママの急用のために
急きょバトンタッチして
たんぽぽで子どもといることになったパパ。

子どもの声に耳を傾けながら
子どもと一緒に鶴を折ったり
過ごすパパの姿を

羨望の眼差しで見るママたち、多し!

たんぽぽサロンは、ママだけでなくパパも
そして、おじいちゃん、おばあちゃんも
参加OKです。

どうぞ遠慮なくご利用くださいね。

みんな自然体でいるので
お互いに気を遣わずに過ごしましょ・・・・
なんて言うけれど
お互いにいい意味で思いやることは大事大事。

少人数派ってどうしても小さくなってしまうからね。
そのあたりは、皆さんどうぞよろしくね。

そして、帰り際

「パパの日があったらいいなぁ」
「そしたら、子どもを連れてたんぽぽに行ってもらう」
「そしたら、一日子どもと一緒にいてもらいたい」
「もちろん その時はノーメディアで子どもと過ごしてもらおう」
「そしたら、そしたら、気持ちわかるよね〜。」

なんて、笑いあいました。
なるほど なるほど。
毎日お仕事頑張っているパパにとても感謝しながらも
こう思う時って あるよね。

ママたち、がんばってるよ!!

ほめてくださ〜〜〜い!!

大丈夫、ちゃんとわかってるよね。
時々、声に出して ねぎらってほしいよね。うん。
たんぽぽで、みんなでねぎらいあいましょう。
頑張ってるよ、みんな。えらいっ!!
posted by niji at 23:46| Comment(0) | 日記

聴くことで気づくこと

今日もおでかけたんぽぽに遊びに来てくださった皆さん
ありがとうございました。
子育て支援拠点と遊び場は
似ているようで違います。

一番の違いは、そこに行けば
誰かが待っていてくれて
話したいことを話せる
聴きたいことを聴ける
情報交換ができる
相談もできるなどなど・・・

子どもを見守りながら
ゆっくりとお話ししましょうね。

この一週間は

「台風の被害はどうでしたか?」という趣旨のことを
おひとりずつ お声かけさせてもらっています。
言えないことや言いたくないことは
どうぞ言わなくても大丈夫…

話したいことを是非話してくださいね。
きっと誰かに聴いてもらったり共感してもらえたら
気持ちが少しだけ軽くなることでしょう。

今日は、夜に避難しようかどうかとても不安な中
反対に避難所まで行く道路が大変なことのなっていて
外に出るほうが危険かと思い、自宅二階で眠れない夜を
過ごしたというお話を聴かせてもらいました。
水が自宅に入ることは何とか免れたということですが
本当に不安だったことでしょう。

いざという時に地震と水害では、必要なものが違ってくるという
話しもママたちとしました。
「おしりふき」や「サランラップ」が
いろいろな用途で活用できて便利なこともみんなで話しました。こうやってみんなで話すことで
「母子手帳・お薬手帳は、すぐに持ち出せるようにしよう!」
「おしりふきは家にどのくらいあるかなぁ」など
気づきが生まれ、そのことが「訓練」にもなるのです。

これからもたくさん話しましょうね。
日常の生活の中で 大切な命を守るためにできること。
posted by niji at 00:58| Comment(0) | 日記