2019年10月17日

「助けて」に応えたい

今日は、ファミサポのまかせて会員の養成講座、
最終日でした。
これから地域の中で「みんなで子育て」を実現するために
子育て中の親に「ひとりじゃないよ」と
寄り添ってくださる会員養成のために
毎年開催される講座です。

最終日の午前中の講座は「保育の心」
永野が担当させていただきました。
楽しみながらも、お子さんを預かるうえでの心
そして、必要なことを一緒に学びあいました。

ワークや童謡やわらべうたなど様々な
体験もしていただきました。
あっという間の2時間、私自身も学びながら
楽しく過ごさせていただきました。

皆様、ありがとうございました。
今度は、是非、たんぽぽサロンの見学にもおいでくださいね。
ご縁に感謝します。

かわいいここからは、お願いです。

昨日、郡山の菊池信太郎先生の情報発信を偶然目にしました。
(小児科医の信太郎先生、ずっとご縁があって
おととし、たんぽぽサロン企画の子育て講演会に
講師としておいでいただきました。)

子供服や哺乳瓶など、必要とされているご家庭があります。
もし、お手元に使わない子ども用品がありましたら、
台風の被害に遭われた郡山の方々に分けて頂けませんでしょうか?
特に、赤ちゃん〜未就学児のお子さんグッズを必要としています。
よろしくお願い申し上げます。

「助けて」に応えたいです。
私たちも震災の時にたくさんの人に助けてもらったから。
今の私たちにできる範囲の精一杯を送りたいです。
信太郎先生ならきっと親子に直接届けてもらえると信じます。

一刻も早く!という想いで
急きょ、昨日のたんぽぽサロンにて
衣類、帯、ケープ、新品のマスク・タオル・メチャ君の絵本、こども用バックなどを
箱に詰めて送りました。
メッセージカードは、遊びに来てくれたママに描いてもらいました。
DSC_4622.JPG

明日、またたんぽぽサロンで箱に詰めて送るつもりです。
使っていない、あるいは、しみ・汚れがない
今の季節にすぐ使える衣類、その他、生活用品が
もしご自宅にありましたら、たんぽぽに遊びに来るときに
お持ちください。ご協力をよろしくお願いいたします。
posted by niji at 23:23| Comment(0) | 日記