2019年10月25日

記憶を記録に残す意味

本日は、アナビーにて 白河市の保健師さん企画講座に際して
赤ちゃんの託児の仕事をしてきました。
あかちゃんと離れての講座受講した新米ママたち。
お子さんを別室に預けてという経験も
子育て講座受講の経験も初めてという方がほとんどだったことでしょう。
赤ちゃんも元気に過ごせましたよ。
母親になってからの「学び」は、今日からの赤ちゃんとの暮らしの中で
きっと役立つことでしょう。
お疲れ様でした。
皆さん、講座終了後にニコニコとお部屋に戻ってきてくれて
うれしく思いました。

どうぞ、今度は あかちゃんひろば、
たんぽぽサロン・おでかけたんぽぽにも
お出かけくださいね。


昨日、おいでいただいた水野さんが
とても気に入ってくださったのが
これ!DSC_4672.JPG

昨年の虹の会の活動報告なのですが、
こんな風に毎年活動を形にすることは
とてもいいことだと じっくり眺めてくださいました。
そして…
この写真が貼ってある台紙として使っているのは
風呂敷だとお伝えすると
「やっぱり!!」と大喜びしてこんな記念撮影に。
風呂敷が大好きで、風呂敷の研究会にも入っていて
ワークショップを各地で開催している水野さんも
このアイディアに「うつくしい!!」と感激していました。

えっへん!!すてきでしょ、このグラデーション。

県南教育事務所の先生も数日前と本日たんぽぽサロンに
訪問してくださって、NPOを設立してからの
毎年の記録の活動報告を見て「すごい!」と言ってくださって
写真をたくさん撮っていかれました。

毎年、こつこつとみんなで作ってきたこの居場所。
毎年、こつこつとこどもたちを真ん中に笑いあったこの活動。
記憶を記録にしてきてよかったです。

一目であの時のみんなとの思い出がよみがえります。
大事にしていきたいです。

活動報告パネルの中で笑っている親子の姿が
いつでも私を励ましてくれます。

宝物です。そして、毎日の活動が積み重なっていくことで
未来へと繋がっていけたら うれしいです。

黒ハート活動報告パネル、いつか 白河の方々に
広くお披露目したいなぁと思います。(ささやかなでっかい夢でするんるん

posted by niji at 21:34| Comment(0) | 日記