2020年03月17日

道路から見えるたんぽぽサロン

ずっと気になっていた部分があったので
このお休みの機会にやろう〜!って決めました。

ここに引っ越してきたときはこの門は開いていたのですが
道路に子どもが飛び出すと危険だと思い
閉じていました。

福井から遊びに来てくれたイラストレーターひらたゆうこさんと
たんぽぽサロンのこどもたちが一緒に描いた夕焼け空の絵を
数年前から庭に取り付けてこんな雰囲気になっています。
子どもの視点だとこんな感じに見えています。
道路が見えないので 庭でゆっくりと遊べますし、
飛び出し防止にもなっています。
DSC_5671.JPG

ただ、道路側から見ると・・・DSC_5660.JPG

数年を経て使っていたラティスが風化してボロボロになっていました。

DSC_5662.JPG
坂道を登ってくるとこんな感じ。
ここからは入場できずまっすぐに駐車場のほうに向かって進んでください。

今日の朝のたんぽぽの部屋の室温は0℃。
寒くて震えるほどでしたが、10時過ぎから太陽が顔を出して
11時頃には 風もなく春らしい暖かになってきたので、、、、

軍手に針金をもって庭側からと道路側からとで作業開始。

じゃ〜〜ん。完成しました。いい感じ!
DSC_5665.JPG

頑張りました。
久しぶりの外仕事は気持ちが良かったです。
深呼吸して笑顔になりました。

出入りはできませんが外回りがきれいになってうれしいです。
強い雨や風でも安全で安心です。
皆さんに見ていただくのが楽しみです。DSC_5664.JPG

庭でみんなで遊べる日を楽しみにしています。DSC_5670.JPG


もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

白河市内子育て広場開催中止延長のおしらせです。


白河市内の各子育てひろばにつきましては、

新型コロナウイルス感染症対策のため、

令和2年3月29日(日曜日)まで開催中止となりました。

http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/page005562.html


午後からこども支援課担当者より連絡をいただき、

さらに一週間休業が決定しました。残念ですが仕方ないね。

今できることを私たちも頑張るし楽しんで環境整備などしますね。

ブログも毎日書いて広場内の様子もお伝えしていきます。

ちなみにファミサポは平常通りで、

保護者様の希望でおでかけたんぽぽ会場でのお預かりもしています。

遠慮なくお問い合わせください。

posted by niji at 22:39| Comment(0) | 屋外の風景

2020年03月16日

モビール

おでかけたんぽぽのあかちゃんコーナーの
装飾を変えたいなぁと思っていた時に
去年視察にお伺いした
東根市さくらんぼタントクルセンターさんの
子育て広場のブログを読みました。

わぁひらめきかわいいぴかぴか(新しい)

と思って さっそくスタッフに伝えて見よう見まねで
作ってみました。
乳幼児の目に優しく大人も癒されるように
パステル系の淡い色合いにして飾ってみたら

こんな感じになりました。DSC_5657.JPG

見る場所や角度によって見え方が違って楽しいです。

大きさや高さを変えてみました。
DSC_5653.JPG

仰向けにねんねした赤ちゃんにはこんな風に見えます。(寝転がって 確認)
DSC_5652.JPG

球体ではなく、花?星?のように見えます。


ハイハイの子にはこんな感じにも見えるかな…DSC_5656.JPG

揺れるとクルクル回ったり美しいです。
手で触って動かすよりも、そっとうちわであおぐと
動きが楽しいです。←しばらく遊んでみたら(きれいだなぁ)と幸せ気分。


皆さんに見てもらえる日を楽しみに待っています。

一軒家のたんぽぽサロンの装飾は、おでかけ会場とは
違ったものにしたいなぁと考えています。
同じじゃないほうが楽しめますものね。これから考えてみます。

そして…ひろばの最高の装飾はDSC_5649.JPG
窓から見える景色。
この美しい風景があるから派手すぎないほうがいいですね。
どんな装飾よりも自然の色はすばらしい。
赤ちゃんをだっこして、窓の外の景色を見せてあげましょう。

東根市の
タントクルセンターの皆さん、ともみさん
素敵なアイディアをありがとうございました。
(まねっこしました(笑))
簡単で美しくて品がいいなぁ…(しかも、手持ちの材料で作成したから製作費なし)
手作りって温かな雰囲気になるなぁ…と、この装飾に大感激でした。
おでかけたんぽぽのあかちゃんコーナーが春らしくなりました。
私には、「小さな宇宙空間」に見えました。



日本各地で、こそだて広場のスタッフが
利用者さんの親子の姿を思い浮かべながら
今できることを 精一杯 頑張っているんだなぁと心強く思います。

私たちも親子の笑顔が戻ってくるその日に向けて
環境整備、そして、情報発信などなど 明るく頑張ります。

東根市さくらんぼタントクルセンター 
   ↓

白河市の新着情報 
「新型コロナウイルス感染症に関するお知らせ」
posted by niji at 22:10| Comment(0) | 日記

2020年03月15日

引き車

今日は、スタッフが作った引き車(プルトーイ)のご紹介です。

小さめの厚い紙質の箱で
こんなおもちゃを作ってみました。
DSC_5557.JPG    DSC_5556.JPG

荷台に子どもが好きなものを載せて移動できます。
どんな「品物」を載せてくれるのかな?

シンプルで淡い色の画用紙を貼って窓やタイヤも装飾しました。

丈夫な紐もつけました。楽しんでもらえるといいなぴかぴか(新しい)

こちらの2台は、たんぽぽサロンに置きますね。DSC_5630.JPG

こちらの2台は、
DSC_5555.JPGおでかけたんぽぽで使ってね。

こどもたちが想像の翼を広げて
いろいろ工夫して遊んでもらえる日がくるのを楽しみにしています。

白河市内のすべての子育てひろばは、3月22日までおやすみになります。
新情報は 白河市のホームページをご確認ください。
  ↓

かわいい子育て広場が開催中止の期間も
 お子さんのお預かりをする
 ファミリーサポートは、ご利用いただけます。

posted by niji at 22:55| Comment(0) | 手作りおもちゃ

2020年03月14日

雪の日

今日は一日雪が降っていました。
雪かきするほどは積もらなかったけれど
とても寒い一日でした。

「雪、きれいだね…」って
子どもに語りかけながら
一緒に景色を眺めることはできましたか?

今年は、雪を楽しむ機会がほとんどなかったので
こんな美しい景色を子どもと顔を見合わせながら楽しめたら
いいなぁと思いました。

ほんの少しでいいから
大人のほうこそ 気持ちの余裕や遊び心 持っていたいですね。

雪景色、ついつい見とれてしまいますした。
皆さん、暖かくしてお過ごしくださいね。

我が家の庭です…DSC_5631.JPG

DSC_5633.JPG

枝に積もった雪がきれいでした。DSC_5635.JPG

気温差が激しいですね。体調崩さないようにお過ごしください。
posted by niji at 22:29| Comment(0) | 日記

2020年03月13日

レースのカーテン

今日は、ぽかぽか温かな日でした。

今日のたんぽぽの様子です。
暖かな日で気持ちいいのだけれど…
なんだか やっぱり静かで寂しいなぁ…
DSC_5625.JPG

今日も福寿草は元気いっぱい。
春の日差しを浴びて生き生きしていました。DSC_5624.JPG

以前から、日差しが強い時には、虹色のカーテンで日よけをしていたのですが
DSC_5186.JPG

この機会に思い切って2011年のオープン当初から使っていた
遮光タイプのレースカーテンを二階の窓から取り外して
こちらに付けてみました。
突っ張り棒の取り付けが難しかったのですが、スタッフが頑張ってくれました。

DSC_5628.JPG

DSC_5629.JPG

日差しが強い日にカーテンを引いても部屋の中が明るいです。

これからは、
虹色のカーテンと遮光タイプのレースカーテン、
両方を使用していく予定です。
(クローズの日も遊具が日焼けしないで済みそうです。)

皆さんに見ていただくのが楽しみです。

家市のホームページやぽっかぽかでおやすみは22日まで延長になりましたが
 たんぽぽサロンが開催中止の期間も、スタッフは
 たんぽぽサロンにいて、元気に環境整備、頑張ってます!

各子育てひろば開催中止のお知らせ
  ↓


posted by niji at 21:29| Comment(0) | 日記

2020年03月12日

子育てひろば開催中止のお知らせ(延期)

白河市の子育てひろばは、3月22日まで開催中止となりました。
詳細につきましては、白河市のホームページをご覧ください。

白河市子育て支援ぽっかぽかも 読んでみてください。

当初は3月15日まで開催中止予定でしたが、一週間ほど期間が延長されました。
どうぞご理解ください。

なお、延期に伴い、不安や緊張が高まる保護者の皆様の気持ちが
少しでも軽くなるように…と 市との協議の結果、
ひろばには来場できませんが、電話での対応を開始することになりました。


家たんぽぽサロンでは下記日時(※祝祭日を除きます)

に電話による相談を受け付けています。

電話たんぽぽサロン 21-7337 (火、水、金 10時〜15時)

スタッフは、時間内でしたら たんぽぽサロンに居ります。

何か困ったことや心配なことなどありましたら

どうぞ遠慮なくお電話ください。



かわいいおまけかわいい

たんぽぽサロンの庭にも春がやってきています。
福寿草&水仙DSC_5616.JPG

あじさいDSC_5617.JPG


黄色い水仙、真っ白なあじさい。どちらの花も大好きです。

きれいな花、みんなで一緒に見たいなぁぴかぴか(新しい)
posted by niji at 19:39| Comment(0) | 日記

2020年03月11日

3月11日に想う

3月は、気持ちが重くなる。
9年前の3月11日からずっとずっと・・・

あの日のあの時間。
あの場所、あの揺れ、体感、風景、目に映ったすべてが
今も鮮やかによみがえる。

絶望だと思った福島。
2011年3月10日以前に戻ることなど決してないことはあの時から覚悟していた。

悔しくて哀しくて切なくて・・・心が揺れた。
あの日から、数日後、私は走り出した。

何年すぎても まだ収束などしているはずもなく
あの時の覚悟はなんら変わらないけれど…
この9年間
信じられないほどのたくさんの応援をいただき
いつの間にか希望の光が見えて無我夢中で突き進む中
何事もなく今日一日を静かに過ごせたことを素直にうれしいと思う。
あの時の無邪気なこどもたちが健やかに育っていることをうれしく思う。

3月11日は、テレビを見ないとずっと思ってきた。
この日だけの特番は、私は見なくていい。
苦しくなるから…見たくない。
ずっとずっと
福島のローカル番組はどうして全国放送にならないんだろうって思ってきた。
福島の現状は、日本中の人に見てほしいと思ってきた。

辛かったけれど・・・たくさんの人支えてもらって
あの時に泣いていた母親たちが 
今 たんぽぽサロンのスタッフにも
なってくれているのは奇跡のような現実。

窓を開けるのが怖くてたまらなかった私たちが
今日は マスクをして 空気の入れ替えと笑いながら
窓を思いっきり開いていた。
一瞬、なんて幸せなんだろうと感じた。

9年が過ぎた3月、ウイルス感染の不安の中で
日本中のこどもたちがまた哀しい想いをしていることに
胸が痛む。制限の中で毎日を過ごすこどもたちの身体も心も心配だ。

9年前、突然、外に行くことも自然に触れることもできなくなった
あの時の親子の苦しみを 私は決して忘れない。
どうして・・・私たちだけ苦しみを背負わなければならないのか
悔しかった。激しい怒りがあった。負けたくなかった。
こどもたちを守りたかった。だから頑張れたのかもしれない。

そして、今、辛い思いをしている親子のために
できることを 精一杯やりたいという気持ちは同じ。

このたんぽぽの居場所は、「ひとりじゃないよ」と伝えたくて
お茶を飲んでホッと一息できるように
ありのままの自分で泣いたり笑ったりできるように作ったんだもの。
こどもたちがいっぱい笑える場所にしたかった。
子どもがが笑顔になってその笑顔を見て親が笑顔になって
親の笑顔を見て 子どもが幸せになるように
親子のふれあい遊びも続けてきたんだもの。

何気ない日常がどれほど豊かであるか
ふつう・・・ってどういうことなのか
当たり前なんて・・・ないんだってこと
小さな幸せが どんなに大切かってこと

これからも ずっと伝え続けたい。

大人は、こういう時こそ 朗らかに強く落ち着いて過ごさないと。

あの日から、出会ったすべての皆様
たんぽぽサロンを応援してくださったすべての皆様
日本だけでなく世界とも繋がれたご縁
寄り添ってくださった皆さんの温かさも忘れない。
心から感謝して また 走り続けたいと強く思う。

そして あの時の問題は9年過ぎた今も解決していない。
まだ・・・終わってなどいない。
他人事だと 思わないでほしい。
無関心ほど、残酷なものはない。

辛さを経験した人はたくましくて強くて相手の気持ちを
思いやれる優しい人になれる。ならなきゃね。
明日も元気に笑って過ごそう!

(とりとめもなく書きました。とりあえず書いておこうと思いました。
3月11日、みなさんそれぞれの想いがあると思います。
そのきもちはその人だけのもの。 どれも大切にしてほしいなぁと思います。)
posted by niji at 23:59| Comment(0) | 日記