2020年05月19日

畳を持ち上げました!

今日は、担当スタッフは
汚れても良い服装で、軍手して、マスクして たんぽぽサロンに集合。
もちろんドアも窓も思いっきり全部開けて!

本日の環境整備のテーマは 二部屋分の
「畳をあげて板を入れて床補強しよう!」

先週までに、とりあえず畳を数枚上げて私たち素人でも
板を間に挟んで凹みを直すことができるか確認して
板の厚みや大きさを検討して 板の買い出しもしたし
カットもしてもらって 運んでおいたし
満を持して今日を迎えました。
DSC_6127.JPG

あ〜〜、なのに今日は、朝から雨。
でもでも、やろう!
畳を一枚ずつ外して 床を掃除するだけでも 大変でしたが・・・
DSC_6171.JPG

か弱い私たち(笑)、こんなに頑張りました!

畳を外した板の上に こんなふうに、補強のために板を敷きました。

最近、凹みが気になっていたところ数か所には さらに補強の板を乗せて
何度も畳を乗せたり外したりしながら 足で踏みながら 微調整をしました。

DSC_6172.JPG
(入り口付近)


端切れの板をのこぎりでカットしながら 凹みの多い部分にのせています。
まさに 職人技のようで、
ひとつひとつ丁寧に取り組むスタッフたちに感心しました。
DSC_6181.JPG
みんなで知恵を出し合いながら こんな感じ。

6畳の部屋が完成したので、続いて4畳半。

畳をすべて外して、床の埃をとって、扇風機で乾燥させて
DSC_6184.JPG
最後に何度もからぶきして 
板を乗せました。
パズルのように何度も調整しながら凹みの
気になる部分に板や畳んだ新聞紙を載せて調整して
DSC_6187.JPG

完成しました。
DSC_6195.JPG

台所のほうから見るとこんな感じ
   ↓
DSC_6197.JPG

最後に、消毒液で畳の上も拭き掃除しました!


受付付近ももちろんのこと
一番気になっていた
敷居のところも 凹みがなくなりました。

DSC_6198.JPG

床が抜けることはないけれど、
「みしみし・・・」ってなる部分が
ずっと気になっていたのですが
今回、修復できました。

これで子どもたちも安全です。
大人の私が歩いても安心です(笑)


家ここに越してきたときには、
かび臭いとても古い畳でした。
こどもたちが安心して過ごせるように
赤ちゃんが安心してハイハイできるようにと
いただいた寄付金を活用させてもらい
一番にお金をかけて畳の入れ替えをしました。
「清潔で安心・安全な環境を作りたい」という
スタッフの想いで 最優先したことでした。


あれから6年。懐かしさと感謝を思い出す一日となりました。

数時間もの作業後、疲れ切って埃だらけになりましたが
すっきりとした部屋を眺めてみんなで笑顔になりました。

新たな気持ちでの
再開がまた楽しみになりました。

6年前の「畳替え」の記事です。たくさんの人に支えていただいた
たんぽぽサロンの大事な記録です。私にとっては忘れられない記憶です。
良かったら 是非、お読みくださいね。
    ↓


☆さぁ、明日もやりたいことがいっぱいです。
休業期間でも、みなさんの顔を思い浮かべながら
「今やれること」を一生懸命にやっています。

再会出来る日を楽しみにしています。元気で毎日過ごしてくださいね。





posted by niji at 21:35| Comment(0) | 日記