2019年07月31日

2日目のあきる野

二日目の午前中は「山登り」の予定。
大人たちで一日目に何度も何度も話し合って
低い山ではあるし散策程度とはいえ
あまりの猛暑のために 「水遊び」に変更。

こどもたちは、朝5時ちょっと過ぎからにぎやかに。
まるでこどもたちはきょうだいのように
大きな子が小さな子の手をひいて面倒を見てる。
それだけで、胸がきゅんとなる。
親が思うよりもずっとずっとこどもたちは、
優しくて相手のことを よく考えている。
年齢の幅があるこどもたちだからなおさらいい。
2歳の子が14歳の子に甘えている姿がかわいらしい。


私は、4時半過ぎに目を覚まし
篠木と女の子たちが、前日にしていた
「朝5時に釣り行く約束」を部屋のベランダから見守る。
DSC_3711.JPG


午前中は、希望者の大人は 畳の大部屋にて リラクゼーション。
こどもたちは、思いっきり川で好きなことをして過ごすしあわせ。
ぶひぶひのお母さんたち、スタッフの皆さんが
こどもたちをマンツーマンで寄り添ってくれて安心感が半端ない。
大人もこどももみんな笑顔、笑顔。素敵すぎた。

お昼は…バーベキュー。
東京の親子と福島の親子がペアになって
一緒に焼いて 一緒に食べた。

DSC_3724.JPG

DSC_3736.JPG

みんなで食べるとおいしくて
みんなで食べると会話が弾み
みんなで食べると仲良しになれた

DSC_3744.JPG

トウモロコシもいっぱいいっぱい焼いて食べた。
ぶひぶひのお母さんたちが 朝採りの新鮮なトウモロコシを手配してくれた
その優しさに感謝した。その日のうちなら、生で食べても甘いというトウモロコシは
本当にとってもジューシーでおいしくて最高だった。
ぶひぶひのお母さんたちが、焼きそばもどんどん焼いて声をかけに来てくれた。

おいしいものを食べると 生きてるって実感する。
たくさん笑った。

もちろん朝釣りの魚もしっかり焼けていた。

午後も思いっきり遊んでいたね。
みんながみんなのこどもを大事に想っているのが
伝わってきて、私自身が肩の力を抜いて
山を眺め川を眺め 水の音を聴き水の冷たさを楽しめた。
自然はなんてすばらしい。
こどもたちが なんて生き生きとしているのだろう。
こどもたちが なんて美しく真剣な眼を持っているんだろう。

DSC_3770.JPG


午後も思いっきり川で遊ぶ。
全然、あきない。
だって、無限に遊べるんだもの…

オタマジャクシ見て
カエル捕まえて
みずすまし追いかけて…

水の音もセミの声も
すべてが美しい音楽。


午後は、みんなでゆったりと。
動→静の世界へ。

歌ってくれて 踊ってくれて ありがとうございます。
こどもたちも 楽器で一緒に参加。

「童神」大好きな曲もうれしかったです。

ここでは、篠木さん作詞 新屋さん作曲の歌も披露。

DSC_3812.JPG

新屋賀子さんありがとうございます。

白鳥志保さんありがとうございます。



大広間での楽しい夕食後、「あっ、空がきれい!」と誰かの声。

窓の空の空があまりに美しい夕焼け。
ゆっくり ゆっくり 日が沈んでいく変化する空。
誰かが 部屋の電気を消してくれた。

みんなで眺めた空の美しさ…忘れられない思い出の一つ。 
DSC_3853.JPG

雨と無縁の空。私たちを包み込んでくれた。

自然って 素晴らしい。
みんなで見上げたから なおさら幸せな気持ちで
胸いっぱいになったよ。
明日もきっと晴れだね。

posted by niji at 20:06| Comment(0) | 日記

2019年07月30日

7月30日 あきる野へ出発

ぶひぶひ主催のあきる野旅行に
福島から出発。

お天気はやっぱり晴れ。
バス旅行で今まで雨だったことは
この8年間なし。雨降ってても必ず止む…と、
晴れ女の私は、信じてる。

行って体験することが
どんな言葉よりも貴重なのだけれど

行けなかった皆さんとも
こどもたちにとって必要なことは何かを
一緒に考えたいので
画像で皆さんに自然の素晴らしさを伝えたい。

待っていてくれた篠木とぶーびー。
そして、たくさんのボランティアスタッフの中には
心理士のシンガーソングライターのよりこさん&舞姫のしほさん。
そして、保育士の梅ちゃん。たくさんのスタッフの皆さん。
東京の(ぶひぶひ)親子と福島の(たんぽぽ)親子が
一緒に川遊び。

DSC_3579.JPG

泊まった場所は、「山渓」
去年と違って 宿泊施設の目の前が川。最高でした。



DSC_3588.JPG

水が透き通るように美しくて冷たくていい気持ち。
小さな子が遊べる浅瀬もあって ゆったりと過ごせました。
4歳くらいのお子さんたちも
魚が釣れていました。DSC_3679.JPG

危険がないように約束をした後は
自由なんです。
何をしたいかは、子どもが決められる。

座ってても
立ってても
水しぶき上げても
歩いてても
石を拾ってても…

こどもがやりたいことを見守って
挑戦している時には みんなで応援して
篠木を信じて
必要以上に大人たちは口を出さず
出来た時には、どの子だって思いっきり拍手して
喜び合って。

大自然の中、手をつなぎあって過ごす
そんな時間、こどもたちにとって幸せすぎる。

posted by niji at 19:54| Comment(0) | 日記

2019年07月29日

トマト、食べられるかなぁ…

今日はおでかけたんぽぽ。
午前中は、朝から32℃を軽く超える久しぶりの猛暑。
エアコン入れて 心地よくみんなで過ごしました。

午後からは、急に空が真っ暗になり
激しい雨が一気に降りだしました。
まだまだ落ち着かない天候が続いていますので
体調管理をしてくださいね。

市役所から、午前中に「クマ」情報が来ました。
金曜日に50pと大きさが記されていましたが
実は、間違いで 実際には
目撃内容  ツキノワグマ1頭 体長約150cm
だそうです。
びっくり!!まだ捕獲の情報がないので
お気を付けください。


たんぽぽサロンの庭のプランターのトマトも
随分色づき始めましたよ。
雨が多くて…実が落ちてしまってないかちょっと気になりますが
水やりの心配もなくて助かります。

金曜日の夕方はこんなかんじでしたよ。
明日は、収穫できるかなぁ…

お昼に食べようね。
DSC_3541.JPG

DSC_3542.JPG

DSC_3543.JPG

玄関横のカラーは、まだまだ瑞々しくて素敵ですよ。

DSC_3548.JPG
posted by niji at 22:03| Comment(0) | 日記

2019年07月28日

広島のママたちの想い

先日、たんぽぽサロンに届いた
広島県安芸郡坂町のママたちのボランティアサークル
「てのひら」さんからのお手紙&冊子。

この冊子は
保育園保護者有志と保育園と町の民生課の協力によって
できあがったものだそうです。

67377707_431016370825762_2904591480687427584_n.jpg

先週、市役所のこども支援課にも
広島の水害から一年たっての状況を報告に行ってきました。
思い切って広島まで行ったことで
実際に子育て当事者の皆様に逢えたことと
当時の状況を聴きながら 現在の様子を視察できて
今まで以上に顔の見える身近な大切な人として
感じ取ってくることが出来ました。

今回は、よりたくさんの
行政職員の皆様に読んでいただけますように
謹呈という形で この手記を届けてきました。

福島と白河がつながったご縁。

3月1日に 完成した手記。

「ほんとに、手作り感いっぱいの
あたたかい一冊となりました。
この手記は、福島たんぽぽサロンさんと
てのひらの繋がりがあったからできました。」

そう伝えて下さった代表の亜砂海さん。

彼女の手記完成の時のコメントの一部を紹介させてください。

手記の表紙や裏表紙の○の言葉は、
災害を経験した大人たちが
子どもに伝えたいと思ったことを寄せ書きにしてあります。

手記は書けなくても、これだけ書いてくれた方もたくさんいます。

作成当初には考えられないくらい
たくさんの方の協力を得ることができました。
関係各所にも配布することができるようになりました。

読んでくださった方からも、
『ほんとに素敵な手記です。
子どもたちへ伝えたいと思う大人の気持ちが詰まってました。』と
嬉しい言葉もいただきました。

たくさんの方の想いが詰まった一冊。

悩んで、なやんでここまできたけど
ほんとにやってよかった。と今、心から思うことができました。

災害は、特別な人や場所に起こるものじゃない!


誰にだって、何処にいたって起こるもの。
私たちは、大切な人やものをなくしてから

やっと気づくことができました。
だから、そんな思いを1人でも多くの人がしなくてすむように、

坂町のこの辛い出来事が
別の誰かのためになることを願います。



昨年、募金活動をしたときに

協力してくださった皆様に心から感謝いたします。

たんぽぽサロン、おでかけたんぽぽに
冊子が置いてあります。
利用者の皆様も 是非、お手に取ってご覧になってください。
表紙の部分だけでも、胸にじ〜〜んと、母親たちの想いが伝わってきます。

7月中旬開催されたシンポジウムでは
「てのひら」さんのブースにて
このように展示もしていただきました。
繋がっていてくれてありがとう。
心から感謝です。
福島のママたち、本当の本当に頑張ってきました。
8年…こどもたちも大きくなって母親たちもたくましくなったなぁ。

66629822_2544625888921907_4743927468765741056_n.jpg



かわいいただじゅんさんを今年度の子育て講演会の講師にお願いしようと

昨年の秋から考えていたのですが……

同じように 「てのひら」のママたちもそう考えていたなんて

うれしいうれしいシンクロです。広島でのただじゅんさんの

ステージを てのひらの皆さんと一緒に見て参加できたことは

8年頑張ってきた私にとって、最高のご褒美時間だったと思います。


ただじゅんさんは、全国を駆け回りこどもたちを笑顔にしています。

特に震災支援に力を入れてくださっています。

9月 広島から福島へ…虹がかかります。




posted by niji at 21:59| Comment(0) | 日記

2019年07月27日

チラシ完成

9月16日開催のチラシがいよいよ出来上がりました。

1564315596042.jpg

祝日ですので

ご家族皆さんで是非どうぞ。

赤ちゃん連れでも 気軽に参加できます。

この機会に生の舞台芸術に触れてみませんか?

みんなで思いっきり笑いあいましょう。

posted by niji at 00:03| Comment(0) | 日記