2016年03月08日

てぬぐい

白河のオリジナルデザインの
手拭いを一目見た時から
とてもいいなぁと気に入っています。
壁に飾ってもいいし
暖簾にしてもいいし
テーブルマットにしてもいいし
汗を拭いても手を拭いても便利だし
最終的には雑巾にもなるし♪

布として(裏地をつけ)小物作りも出来るそうです。

二種類あります。
たんぽぽサロンにご支援いただいた県外の方に
時々お礼としてお送りしたりもしています。
そして、いつも迷うの…

どちらにしようかなぁ?
どちらが雰囲気合うかなぁ?
どちらが好きかなぁ?

畳んだり広げたり
袋に入れたり出したり
夜な夜なやってる私です♪

う〜〜ん。まよう。
用途にもよるよなぁ。
どっちが好き?

お店の方は、こちらが
白河のキャラクターだから…と
白河の公認のどこにもないし
色もしっかり綺麗に染まっていて
お土産にはお勧めの品だとか。

NCM_4099.JPG

NCM_4097.JPG


でも、シンプルだけど
猫好きの人におすすめ
話題が広がるこの柄もおすすめだとか。

NCM_4096.JPG
意味はだいたいわかるけど
今はほとんどこういう言葉 使う人いないなぁ…

た、たしかに。
たんぽぽのママ達にも大うけで
地元が白河の人も そうじゃない人も
大笑いで 会話が弾んだ♪
友達の家では近所のおばあちゃんと
すぐ仲良くなれて妙に会話が弾んだ♪


この手拭いを頭に巻いて
草むしりとかしたらかわいいぞ♪
軽いし、たためば小さくなるし
水はよく吸い込むし…

あ〜、白河のオリジナルがあるって
なんだかいいね〜〜♪


☆ちなみに単色の方がお値段は安価です。

どっちが好き?

白河の手拭いの話題でした。


【おまけ】
白河市公認キャラクター
しらかわん10469931_799036183509018_4699380789077733094_n.jpg

posted by niji at 23:15| Comment(0) | 情報

2016年03月06日

アンカラから…

ご主人の仕事の都合でトルコに行っている
藤本さんとは平成17年に出会いました。

私は保健センターからの推薦で白河市の代表で
藤本さんはキルト作家として泉崎村からの代表で
西白河郡リーダー研修でアメリカに行ったのが
出逢いでした。
(新幹線に一人で乗ったことなかった私。
ひとりでホテルにも泊まったことがない私が
実はアメリカ行ってました。
旅行などほとんど行ったこともないのに
知らない人ばかり17人(うち4人が女性)の旅。
本当についていくだけでいっぱいいっぱいで
オロオロだけで疲れました。
今の私とはまるで違う感じでした。
(今の私だってかなりオロオロ…ということは…)

藤本さんとは共通の話題もなく(笑)
研修旅行の時だけのお付き合いだけでしたが
震災直後にご連絡いただいてから再会し
たくさんたくさんお互いの想いを話して
その日のうちにたんぽぽの場所を見に来てくれて
あの日から私たちの友情はスタートしました。

DSC_8808_8904.JPG


トルコ行きが決まって自宅を手放すと聴いたときは
たくさん泣きましたが
あの時よりも私もずっとたくましくなってきた気がします。
近くに居ても遠くに居てもずっと変わらずに
たんぽぽサロンと私を支えてくれています。
距離じゃないと分かったからです。
ひとりじゃないと信じられるからです。

今回、トルコで
「ひとりじゃないよ」の作品が展示されて
日本、そして、福島に心を寄せてくださる方が
居てくださっていることに
心から感謝します。

今回のイベントの主催者はアンカラ在住の
琴アーティストの末冨敦子さんという方だそうです。
敦子さんのブログを藤本さんより教えていただきました。

日本人として誇らしく思います。
たんぽぽサロンのみんなの手形がパワフルで
見ているだけで 元気が出てきます。
ご縁に感謝いたします。
テロに揺れる想いがこのブログの数日間に
綴られていて胸を打ちました。

どうぞご覧ください。

http://ameblo.jp/torukotoakko/entry-12132872996.html



posted by niji at 23:15| Comment(0) | 情報

2016年03月05日

広報白河

白河市の広報3月1日号が発行されました。
2016_0305_205603-CIMG5912.JPG

恥ずかしいから黙っていたのだけれど
懐かしい友達からメールをもらったり
コンビニで知り合いに「がんばってるね」と言われたり
ママ達からお知らせいただいたり…と
以外にすぐにわかってしまったので
ここでもお伝えすることにします。

2月に広報担当者さんからご連絡いただき
インタビューをと言われたので
てっきり、NPOの紹介なのだと思いこんでいたら
内容は、「復興から5年」という
特集記事の取材だと知りました。
農業や観光など各分野のなかで
「子育て支援」の部分を話してほしいということでした。

場所は特定ではなかったので
やはり、たんぽぽサロンの場所を見て頂き
この5年を伝えたいと考えて
ママ達が作ったパネルなど見せて説明させていただきました。
録音を撮りながら、細かくメモしてくださって
熱心にこのたんぽぽサロンの5年間を
聴いてくれました。

その時に、たんぽぽサロンのイメージとなる
活動の画像をお願いされました。
建物ではなく、子どもの姿がいいということで
提供させていただいたたくさんの画像の中から
選ばれた一枚は、私も大好きな一枚です。

図書館でのイベント「ただじゅんさんのおはやし劇場」の
の時に、たださんのステージを真剣に見つめる子ども達。
どの子の表情もとてもいい!!瞳がキラキラしてるもの。
予定よりも大きく取り上げられたこの一枚。
私にとって何よりうれしいものです。
5年間、この子たちの笑顔を守るために
みんなで頑張ってきたことをしみじみと思いました。

2016_0305_205613-CIMG5913.JPG

あっ…私は写真を撮られるのが好きじゃないので
ホントはすごく嫌だったのだけれど、頑張って
にこにこと笑いながら数枚撮ってもらいました。
そしたら 
「あの〜、すみません。今度は笑わないで真面目な顔でいいですか?」
そう言われたら
可笑しくておかしくて
笑っちゃいけないと思うと余計笑いたくて
吹き出しそうなのを必死でこらえている写真です。
この後、大笑いでした。

考えたら…震災特集だった…と、広報見てから気づきました。
(すみません…)

こんな裏話と共にご覧ください。
何度も私に内容を確認しながら
限られたスペースに
記事を書いてくださった担当者さんに
感謝の気持ちでいっぱいです。
記事を読んでくださった方々から
「頑張ってきてよかったね…」と言われるたびに
照れくさい気持ちにもなりますが
この機会をいただけたことを
嬉しく誇りに思っています。

「ひとりじゃないよ」は
どうしても入れてほしくて
私から お願いしました。
2016_0305_205621-CIMG5914.JPG

たんぽぽサロンを支えてくださった
全ての皆様への感謝と共に
地域の中でこれからも皆さんと繋がりながら
ホッとできる居場所をみんなで作っていきます。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


広報白河の内容はこちらから

http://www.city.shirakawa.fukushima.jp/page/page001999.html

posted by niji at 21:04| Comment(0) | 情報

2016年03月04日

仕事復帰するママへ

震災直後にNPOを設立してから
たくさんの出逢いがありました。
その一つが埼玉のチャオの雲雀(ひばり)さんでした。
http://koko-chao.com/
子育て支援関係のメーリングリストに入っていた時に
ノーバディーズ・パーフェクトの活動をしている
雲雀さんを知り、文章などを読み逢ってみたいと思っていた方でした。

当時、いっぱいいっぱいの状況で
その時の雲雀さんのせっかくのお話しには
応えることが出来なかった私だけれど
いただいた資料は大事に保管していました。
数年後だったら、また状況は違っていたかもしれません。
が、それもまたご縁であり運命なのだろうと感じています。
お会いできただけでもとても感激して
ドキドキしたお話を聴かせていただいたことは
よく覚えています。

その中の一冊がこれです。2016_0228_124157-CIMG5893.JPG

内容がわかりやすく読みやすいので
大事にしまっておいたんです。
久しぶりに読んでみたら
やっぱり(なるほど〜)と、うなづくことばかり。

仕事復帰するママに
たんぽぽでお茶でも飲みながら
読んでもらいないなぁと思い
たんぽぽサロンに先日持っていき、ご紹介しました。

その中の一部です。
2016_0228_124313-CIMG5894.JPG

2016_0228_124337-CIMG5895.JPG


どうですか?

4月から職場復帰するママが
早速、読んでいました。
(あ〜、不安な気持ちは自分だけじゃないんだなぁ)と
思ってもらえたらいいな。
そして、何かのヒントが得られるといいな…

共感できるってやっぱりいいなぁと思いました。
大人用の本箱の中に並んでいます。
どうぞ手にとってご覧くださいね。


4月からそれぞれの春。
自分で選択した道を勇気をもって進んで行こうね。
まずは やってみようね…
たんぽぽサロンではずっと応援しています。
いつでもここにいるよ。
ファイト〜。
全ての子育て中のママ達にエールを送りたいです。

2016_0228_124147-CIMG5892.JPG
(裏表紙にたんぽぽマークを 貼ってみました。)


★「育児休業者職場復帰給付金」という言葉が
冊子に書いてあり、ママから質問を受けましたが
わかりませんでした。
自宅で調べたママの話しでは
「平成22年に廃止になり育児休業給付金に一本化された」
そうです。情報は次々に変わる場合も多いので
情報交換や情報収集は大事ですね…。


posted by niji at 00:14| Comment(0) | 情報

2016年03月03日

I CAN DO !!

NPO法人カルチャーネットワークの皆様には
たんぽぽサロンをオープンして
2年目の「しぜんと遊ぼう」の時から
チラシ作成やイベント告知などなど
ずっとお世話になっています。


白河市の地域の文化情報紙
「I CAN DO !!」にて「たんぽぽサロン」の
活動紹介をしたいとお声掛けいただきました。
その際にお礼の気持ちも込めて
メチャくんの絵本を持参しプレゼントし
この絵本に関して白河市のたんぽぽサロンが
2,000冊の絵本をお預かりし
福島県の実行委員会窓口になったことの経緯や
境さんご夫婦の活動についてお話しさせていただきました。

そしたら…
「載せましょうよ!!」と即答してくださって
思ってもみなかった急展開に
嬉しくて嬉しくて…大感激していました。

3月号 届きました。167号。
毎月発行だからすでに10年以上
地域の中で愛されている情報紙。2016_0303_222706-CIMG5900.JPG

中を開くと2016_0303_222817-CIMG5901.JPG

今月は、カルチャーネットワーク団体の
一部紹介でした。

どこどこ?
わかる?

あっるんるん

2016_0303_223212-CIMG5907.JPG

ま、まさか メチャくんの絵本画像を
載せてくださるなんて、私までびっくり。
一言紹介だけかと思ってました。


2016_0303_223052-CIMG5906.JPG

たんぽぽサロンでもママ達も子ども達も
メチャくん登場に驚きと共に大喜びでした。
本当にありがとうございます。
この記事を見た方、たんぽぽサロンまでどうぞ。
お子さんに もれなくプレゼントいたします。
(被災地向け支援の非売品です)


よく読んだら…あれ?2016_0303_223423-CIMG5909.JPG
この情報紙、最終回なのですね。知らなかった…
ここでいったん区切りをつけて
春からはリニューアル。終わりじゃなくて
新しい始まりなのですね。
これからに期待して楽しみにしています。

最後の【編集後記】に
じ〜〜んとしました。
5年間いろいろあったなぁ…
これからも心の眼を大事にしたいと
思います。
「心遣い」や「思いやり」の
あふれる人にたくさん出会えたことに
心から感謝です。

ご縁を大事にして

私も頑張ります。2016_0303_223542-CIMG5910.JPG

http://culturenetwork.jimdo.com/












posted by niji at 23:45| Comment(0) | 情報