2018年08月21日

きーもち いいー!

こどもたちの笑顔が弾けていました。
福島も東京も関係ない。こどもはこどもと一緒に。

DSC_9256.JPG




ママ達も飛んだよ。
DSC_9287.JPG

DSC_9288.JPG

DSC_9289.JPG

実は…私も飛びました!
一瞬怖いと思ったけれど、周りにみんなと
自分を信じて、どぼ〜ん。

二回目はもう少し高いところから。
下をのぞきこんだら、水が透き通っていて
吸い込まれそうなほど とても綺麗でした。
一回目はもがいてしまったから苦しかったので
二回目は、力を抜いて水の中で身を任せたら

あ〜〜、きもち いい〜〜〜〜。
ドキドキの後は「やった〜」という満足感。
迷いも不安も吹っ切れた気がしました。
私も体験してよかったです。
だって、体験したからわかったこといっぱいあったから。
こどもと気持ちが共有できた気がして嬉しかったです。

その後は・・・学校の校庭で
ドラム缶風呂。

DSC_9201.JPG
1534542838630.jpg

DSC_9205.JPG

1534520576814.jpg

暑い中、朝から薪をくべて
お湯の温度調整をしてくださっていた
ぶひぶひのお母さんスタッフの皆さん、
ありがとうございました。
こどもだけでなく大人も楽しませてもらいました。
長時間、お世話になりました。
笑顔で私たちが遠慮しないようにと
細やかな配慮があって 優しさを感じました。
楽しい最高の思い出がたくさんたくさん出来ました。


ドラム缶風呂から見上げた空は、どこまでも青かった。
この体験は、子ども達の心にずっと残っていくことでしょう。
それが。。。嬉しい。

優しい笑顔で見守ってくださってありがとうございます。
安全・安心の空間を配慮してくださって感謝の気持ちでいっぱいです。


1534917136469.jpg

1534917136396.jpg


1534924987709.jpg
1534917069917.jpg

つづく……


飛んだ!

2日目も最高の青空。
9時過ぎには、宿泊した学校を出発。

子ども達は体育館で着替えて早速川へ。
1日目はちゃぽちゃぽと水に入り魚を網で捕まえたりしたので
2日目は3歳児も飛び込みに挑戦。1歳、2歳児は川べりで水遊び。
赤ちゃんは、ボランティアのママ達が面倒見てくれました。

なので・・・子どもたちだけでなく ママ達もライフジャケットを着用。

なんて美しい景色。子ども達、とんだ!!

DSC_9282.JPG

DSC_9284.JPG

篠木に抱かれて子ども達もとんだ!!
大丈夫。熟練したスタッフが水の中と外で見守ってくれています。
水深2メートル以上なので、飛び込んで浮かんだあと
すぐにつかまれるように 黄色いロープも張ってくれています。

DSC_9257.JPG


DSC_9275.JPG

DSC_9277.JPG

みんなの
「がんばれ〜〜!!」
「できるよ〜〜!!」
「大丈夫だよ〜〜〜!!」の歓声が響きます。

見守る大人もドキドキ…。

大きな声で励ましてくれたり
手をひいてくれたぶひぶひの子ども達、ありがとう。

浮かんできた子ども達。
「おかあさん!!子どもを迎えてあげて!!」と篠木の声が響きます。

DSC_9261.JPG

DSC_9246.JPG

しっかりと手につかまって抱きしめあう親子に
涙が出そうになりました。
こんな体験をさせていただいて、本当に本当によかった。

危険が伴う可能性がある体験を 万全の準備で
させてくださった
スタッフの皆さんに感謝です。
こども達は、大人の姿を見て
大人を信頼することをこうして覚えていくんんだなぁと思いました。
口だけでない、ひたむきな大人の姿。
こどもの存在をまるごと愛し、そのままでいいんだよ…と
抱きしめてくれる大人の眼差しを
こどもは理屈でなく身体と心で感じ取るのだと思いました。
こどもたち一緒に居る
篠木もブービーも最高にかっこよかった…。

ぶひぶひのこどもたちの身軽でのびやかで
バネがある姿に感動を覚えました。
体幹鍛えられてるなぁ・・・・すごい!
さすが二歳頃から川に来ているだけあります。
そして、この体験をとても貴重と考えている
ぶひぶひの保護者の皆さんから私は学ぶことばかりでした。
福島の子ども達とのこの体験を
夏の日の3日間に迷わず選んだ大人に敬意を称します。

ありがとうございました。

つづく…

2018年08月20日

出逢い・再会の旅

大型バスのなかでは
自己紹介したり、大型絵本を見たり、ビンゴ大会やったりしながら
あっという間に目的地の「小宮ふるさと自然体験学校」に到着。
バスが校庭に入っていくと、手を大きく振って
「よく来たね〜〜!!」「いらっしゃ〜〜い♪」「こんにちは〜〜!」と
みんなが笑顔で私たちを迎えてくれました。

すでにドラム缶風呂やブルーシートで手作りプールも準備されていました。
長旅の疲れなど吹き飛んでしまうような気持ちにさせてくれた
皆さんのあたたかな出迎えでした。

早速、体育館に入って、篠木&ぶーびーを中心に
はじまりの会がスタート。
ぶひぶひの子どもたちがとても元気いっぱいに
人懐っこく私たちを受け入れてくれました。

そして、すぐに子ども達は着替えてライフジャケットを着て
学校の前の道路を渡ってすぐの川へと向かいました。

あまりに美しい透明な水に息を飲むほどでした。
水は冷たくてとても気持ちがよかったです。
年齢に応じて子ども達はそれぞれ思いっきり遊びました。
received_2070296029655766.jpeg

初体験のたんぽぽの子どもたちが、ドキドキしながらも
少しずつ水の中に入っていけたのは…

「大丈夫」とこどもたちを一人ずつ順番に
しっかり抱きかかえて少しずつ
川につけていく熟練した技術を持つ篠木への信頼感が絶大だったから。
DSC_9172.JPG
そして、声をかけてくれた優しいぶひぶひの子どもたちがいてくれたから。
ボランティアのぶひぶひのお母さんたちが、たんぽぽの子ども達の
手をひいてくれたり、川の中でしっかりと寄り添っていてくれたから。

旅の初日、ワクワクドキドキが私たちの心をいっぱいにしてくれました。
来てよかった。逢えてよかった皆さんに!
山の空気をいっぱい吸い込んで笑顔になりました。


つづく・・・

無事に帰宅

8月16日〜18日、あきる野にバス旅行を実施してきました。
出発日の朝まで携帯に連絡がないか…毎回不安になるのですが
今回は、欠席なし。
予定よりも15分近くも早く元気に出発することが出来ました。
3日間の楽しい自然体験は、こどもだけでなく大人の心にも
大きな変化をもたらしました。
そして、そこに待っていてくれた人の優しさに心打たれてきました・
帰宅は夕方6時。夕焼けに染まり始めた南湖の公園に
無事到着。大きな事故やけがなく旅を終えたことに
安堵の気持ちでいっぱいで翌日曜日は放心状態でした。

3日間、天候にも恵まれ幸せでした。
やっぱり・・・たんぽぽのバス旅行は雨を吹き飛ばしてしまいました。
たくさんの皆さんとの出逢いは素晴らしいものでした。
胸いっぱいの想いを
少しずつ報告させていただきますね。

2018年08月16日

川遊び

朝、8時に集合してみんなで元気いっぱいあきる野に向かいました!

着いてからの川遊びの様子です。

赤ちゃんも遊んだよ。

みんなとっても楽しそう!DSC_9138.JPG

DSC_9156.JPG

DSC_9176.JPG

DSC_9185.JPG

DSC_9196.JPG