2018年08月20日

出逢い・再会の旅

大型バスのなかでは
自己紹介したり、大型絵本を見たり、ビンゴ大会やったりしながら
あっという間に目的地の「小宮ふるさと自然体験学校」に到着。
バスが校庭に入っていくと、手を大きく振って
「よく来たね〜〜!!」「いらっしゃ〜〜い♪」「こんにちは〜〜!」と
みんなが笑顔で私たちを迎えてくれました。

すでにドラム缶風呂やブルーシートで手作りプールも準備されていました。
長旅の疲れなど吹き飛んでしまうような気持ちにさせてくれた
皆さんのあたたかな出迎えでした。

早速、体育館に入って、篠木&ぶーびーを中心に
はじまりの会がスタート。
ぶひぶひの子どもたちがとても元気いっぱいに
人懐っこく私たちを受け入れてくれました。

そして、すぐに子ども達は着替えてライフジャケットを着て
学校の前の道路を渡ってすぐの川へと向かいました。

あまりに美しい透明な水に息を飲むほどでした。
水は冷たくてとても気持ちがよかったです。
年齢に応じて子ども達はそれぞれ思いっきり遊びました。
received_2070296029655766.jpeg

初体験のたんぽぽの子どもたちが、ドキドキしながらも
少しずつ水の中に入っていけたのは…

「大丈夫」とこどもたちを一人ずつ順番に
しっかり抱きかかえて少しずつ
川につけていく熟練した技術を持つ篠木への信頼感が絶大だったから。
DSC_9172.JPG
そして、声をかけてくれた優しいぶひぶひの子どもたちがいてくれたから。
ボランティアのぶひぶひのお母さんたちが、たんぽぽの子ども達の
手をひいてくれたり、川の中でしっかりと寄り添っていてくれたから。

旅の初日、ワクワクドキドキが私たちの心をいっぱいにしてくれました。
来てよかった。逢えてよかった皆さんに!
山の空気をいっぱい吸い込んで笑顔になりました。


つづく・・・

無事に帰宅

8月16日〜18日、あきる野にバス旅行を実施してきました。
出発日の朝まで携帯に連絡がないか…毎回不安になるのですが
今回は、欠席なし。
予定よりも15分近くも早く元気に出発することが出来ました。
3日間の楽しい自然体験は、こどもだけでなく大人の心にも
大きな変化をもたらしました。
そして、そこに待っていてくれた人の優しさに心打たれてきました・
帰宅は夕方6時。夕焼けに染まり始めた南湖の公園に
無事到着。大きな事故やけがなく旅を終えたことに
安堵の気持ちでいっぱいで翌日曜日は放心状態でした。

3日間、天候にも恵まれ幸せでした。
やっぱり・・・たんぽぽのバス旅行は雨を吹き飛ばしてしまいました。
たくさんの皆さんとの出逢いは素晴らしいものでした。
胸いっぱいの想いを
少しずつ報告させていただきますね。

2018年08月16日

川遊び

朝、8時に集合してみんなで元気いっぱいあきる野に向かいました!

着いてからの川遊びの様子です。

赤ちゃんも遊んだよ。

みんなとっても楽しそう!DSC_9138.JPG

DSC_9156.JPG

DSC_9176.JPG

DSC_9185.JPG

DSC_9196.JPG

2018年08月14日

わくわく3日間の仲間

いよいよ明後日、あきる野へ出発です。
こちらからの参加者は、
たんぽぽサロンの子ども達15名+保護者11名+スタッフ2名。
あちらでは、ボランティアさんのほかに
篠木さんご夫婦が運営する一軒家の子育て支援拠点
「ぶひぶひ」の親子が今回は待っていてくれるというので
出来たらおなまえを教えて欲しいとお願いしました。

「わくわく3日間の仲間紹介!」という
届いた名簿を見て、目が点になるほど

びっくりexclamationぴっくりexclamation×2

ぶひぶひからは
全日参加のお子さん9人
二日間参加のお子さん6人
初日参加のお子さん4人
最終日参加のお子さん1人  計20人。

篠木さんとお母さんたちスタッフ10人
ぶひぶひ手作り班4人

そして、ボランティアさん
坂上頼子先生を先頭に5人の大人に3人の子ども達

その上
小宮自然体験学校では
篠木校長はじめ 4人のスタッフさん。


たんぽぽサロンの仲間たちとともに過ごす
3日間の仲間たちの数にわくわくどきどき。
たんぽぽのママ達がリラックスできるように
こども達がのびのび元気に過ごせるように
待っていてくれています。嬉しいです。
たんぽぽのパパ達、出番ですよ。
自然の中で篠木隊長と一緒に子ども達を見守りながら
思いっきり楽しんでくださいね。

たくさんの人たちと笑い合いましょう。
楽しんできましょうね。
出逢いと体験が私たちの心を元気にしてくれると思います。

あちらで、川遊びをするということで
久しぶりにスポーツ店に行ってきました。
こちらもびっくりびっくり。
こんな便利な靴があるんですね。
初めて知りました。
脱げやすいサンダルは、川での遊びの時には
危険ですものね。

あれこれ履いてみて
思い切って私も(一番安いの)買っちゃった。

こどもが元気に遊ぶ時間は 
大人はのんびり。。。と書いてあったので
のんびりした〜〜い!と思いながらも
川の水に入りたい〜〜と、やる気満々の私です(笑)

line_1534212645980.jpg



2018年08月13日

おでかけ旅行スタッフ

夕べは12時過ぎまで今日は11時まで
せっせとビンゴの準備です。
番号を書いた紙を作ったり、品物詰めたり…
やっていて(楽しいなぁ)と思います。
やらされていることでもなくて、やりたいことだから
ちっとも苦じゃないです。
要領が悪い私ですが、時間に余裕が少しだけ出来たから
部屋中に荷物ひろげて
自分の事じゃないけれど
喜んでくれる人の顔を想像しながら作業してます。


旅行を企画運営するにあたって
どうしても必要なのが 安全安心のために
バスの中や現地の夜間などを見守るスタッフです。

一昨年の清里では、たんぽぽスタッフもたくさん参加してくれたうえに
虹の会の理事のOさんがフリースタッフで世話人を引き受けてくれました。
去年の清里では、パパの参加もあって赤ちゃんも安心で
トルコから一時帰国中に虹の会の会員のFさんが全体を見守る役割を
快く引き受けてくれました。

今年は・・・・行くはずだった理事が都合が悪くなり
正直、私一人でどうしたらいいだろうか?と、内心かなり
心配で心配で眠れないほどでした。
でも…無理なものは仕方ないものね…。
それでも、たんぽぽスタッフが2組参加が決まり
ホッ・・・としました。

そう言えば、たんぽぽサロンを立ち上げたばかりの頃
大型バスで県外におでかけバス遠足した時には
友達の娘さんにも声をかけて、保育士目指す学生さんや現役の幼稚園の先生にも手伝ってもらったなぁ・・・・と思い出し。
あきらめなずに、前向きにとじつはいろんな人に声かけました。(撃沈…)

そして、最後の最後に思いついたひらめき
夏はすごく凄く忙しいだろうけれど
もう彼女しかいないと思って声をかけたら
いろんな仕事調整してくれて一緒に行ってくれることになりました。

やっこちゃ〜〜〜ん!!フリースタッフ引き受けてくれてありがとう。
仕事が待っていて、最終日は東京でお別れだけれど
うれしいうれしい。。

ありがとう黒ハート

フリースタッフは、私と「なにぬのや」ではなく保育士のやっこちゃんです。
毎年そうなのですが、子ども連れでないフリースタッフは
無償ボランティアです。
しかも…実を言うと私はインドア派。
運動が苦手で
体力がないのともともと暑さにも寒さにも虫にも弱いので…。
なので、そういう面では 立派なプロとしての仕事です(笑)
誰にだって得手不得手もあるのですが
こどもたちに必要なことだと思うから喜んで笑ってできます。
人との出会いが大好きだから たくさん楽しんできたいと思います。


実は、あきる野では、
たくさんたくさん待っていてくれている人がいることを
いただいた名簿で知り、感激でいっぱいです。

それは・・つづく。